三河屋プラス

トップページ > アーカイブ: 4月 2014

安心・安全で、健康と美味しさを追求した食品をお値打ちに。三河屋プラス

こんにちは。

 

桜の季節も終わりに近づいてはきてはいるもののまだ少し肌寒い日々が続いております。

今回は半月先に迫ったこどもの日についてお話したいと思います♪

 

 

 

 

「こどもの日」「端午の節句」はもともと、災厄からのがれ不浄の除く「祓え」の行事です。

菖蒲を飾るのは、その香りの強さから

邪気を払い疫病を遠ざけることができる、ということからと云われています。

 

この「菖蒲」が、「尚武」(意:武をたっとぶこと)につながる、という縁起から

男子中心の行事へと発展していったともいわれています。

 

 

 

なぜ5月5日になったのでしょうか?

 

それは、端午の端は「はじめ」という意味で、「端午(たんご)」は5月最初の午(うま)の日のことでした。

それが、午(ご)という文字の音が五に通じることなどから、

奈良時代以降、5月5日が端午の節句として定着していきました。

 

 

 

また、鎧や兜を飾ることは、武家社会から生まれた風習です。

身の安全を願って神社にお参りするときに、鎧や兜を奉納するしきたりに由来しています。

鎧や兜を“戦争道具”と受け取る考えがありますが、

武将にとっては自分の身を護る大切な道具であり、シンボルとしての精神的な意味がある大切な宝物でした。

 

現在は鎧兜が“身体を守る”ものという意味が重視され、交通事故や病気から

大切な子どもを守ってくれるようにという願いも込めて飾ります。

 

 

 

鯉のぼりは、江戸時代に町人階層から生まれた節句飾りです。

鯉は清流はもちろん、池や沼でも生息することができる、非常に生命力の強い魚です。

その鯉が急流をさかのぼり、竜門という滝を登ると竜になって天に登るという

中国の伝説にちなみ(登竜門という言葉の由来)

子どもがどんな環境にも耐え、立派な人になるようにとの立身出世を願う飾りです。

 

 

 

また、こどもの日によく食べるものといえば柏餅ですよね!

 

柏餅に巻いてある葉の柏の木というのは、次の新しい芽が出ない限りは、古い葉が落ちずにつき続けていて、

それが「家の系統が絶えない」という縁起担ぎとなり、柏の葉で包んだお餅を食べるようになったと云われています。

 

柏の葉の表を外にするのが味噌入り、裏を外側にするとあんこ入りというのが本来のきまりとなっているそうです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

三河屋では、定番の白こしあんやつぶあん、草もちをはじめ、

数種類の柏餅をご用意して皆様のご来店をお待ちしております。

是非一度ご賞味ください!!!

 

 

 

 

湊 あづみ

だいぶ温かくなり一気に春の陽気になりましたが、皆様いかがお過ごしでしょうか?

桜もここ数日で一気に開花し、お花見シーズンがやってきました♪

 

 

そこで今回は『お花見』について特集したいと思います!

 

 

 

まずお花見の文化は日本独特の文化として海外にも知られていますが、

その歴史は古代においての農村では春の訪れと農耕の開始時期を知る手段でもありました。

 

奈良時代には中国から梅が渡来すると共に、花を観賞する文化も一緒に伝わりました。

しかし当時は桜より梅が好まれ、この時代を代表する花として万葉集でも梅が多く詠われています。

 

平安時代に入ると、京都の都に自生する桜が多くあったため、

人々の好みは梅から桜に変わっていき、貴族の間でも桜を植えるようになりました。

そして812年に嵯峨天皇が神泉苑で最初の観桜会を開き、

以後桜の植樹が都では盛んに行われていきました。

 

現代のような花見の習慣が庶民に広がったのは江戸時代に入ってからだといわれています。

それは徳川八代将軍吉宗が桜の苗木を飛鳥山や隅田川堤、小金井堤に

積極的に植えさせ庶民の花見を奨励したためと言われています。

 

 

 

 

 

さてお花見のときに欠かせない食べ物と言えば…そう団子です!

 

 

 

このお団子は花見団子とも言われ庶民のお花見のお供として江戸時代から定番になっています。

お花見団子は桜色・白色・緑色などの華やかな色彩のものが多いです。

一般的にこの3色の組み合わせが多く、桜色は桜を表し春の息吹を、

白色は雪を表し冬の名残を、緑色はよもぎを表し夏への予兆をそれぞれ表現しています。

 

 

 

 

 

今回はそんなお花見の時のお供にオススメな簡単ご飯メニューの提案です!

 

 

 

 

☆肉巻きおにぎり☆

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

<材料>            2人分

 

・牛薄切り            120g

 

・青しそ             5枚

 

・いりごま            大さじ1

 

・ごはん             360g

 

・片栗粉             少々

 

焼肉のたれ濃厚       大さじ2

 

 

 

 

 

<作り方>

 

①青しそくを千切りにし、ごはんに煎りごまと青しそを混ぜ合わせる。

 

②ごはんを6等分にし、俵形にしっかり握る。

 その幅に合わせてお肉を巻いていき、巻き終わったところに片栗粉をつける。

 熱したフライパンに油をひき、巻き終わったところを下にして転がしながら全体を焼いていく。

 

③全体に焼き色がついたら焼肉のたれを入れ、全体にからめる。

 

 

 

 

前日に下準備を行い、当日焼くだけにしておくと短時間で作ることができます。

また味付けは焼肉のたれがあればおいしく簡単に調理ができますので、

ご家庭の冷蔵庫にあるものですぐに作れちゃいます♪

冷めても味がしっかりしているのでお弁当にぴったり!

ひと手間で豪華なおにぎりに変身するので是非お試し下さい!

 

 

 

水谷友紀

PageTop