三河屋プラス

トップページ > アーカイブ: 7月 2014

安心・安全で、健康と美味しさを追求した食品をお値打ちに。三河屋プラス

7月も半分が過ぎ暑い日が続いておりますが、みなさんいかがお過ごしでしょうか?
 

最高気温が30℃を超える日が多く、バテ気味になっている方もいらっしゃるのではないでしょうか。

 

 

そんな今回はこの時期よく聞く「土用の丑の日」について特集したいと思います!

 

 

土用の丑の日はうなぎを食べる日と言われていますが、この風習はいつ頃から生まれたのでしょうか。  

そもそも土用とはなんなのでしょうか。

 

 

土用とは古代中国で考え出された思想である陰陽五行説に基づき

割り当てられた期間です。

しかし五行である木火土金水に季節を当てはめると

木は春、火は夏、金は秋、水は冬となり土だけが余ってしまいます。

そこで各季節の最後の18~19日を土用としました。

ですので土用は夏だけでなく全ての季節に存在します。

 

また丑の日の「丑」は十二支の丑のことです。

今年の干支があるように年を十二支に割り振っていますが、

同じように十二支は日付や時間、方角にも当てはまります。

なので12日ごとに丑の日があります。

そして十二支の順番は曜日と同じで変わることがありあません。

各土用の丑の日のあたる日が土用の丑の日であり、

一般的に夏土用の最初の丑の日がスーパーなどでよく聞く「土用の丑の日」です。

 

 

ではなぜうなぎを食べるようになったのでしょうか。

 

 

夏の土用の時期は暑さが厳しく夏バテしやすい時期のため、

昔から精のつくものを食べる習慣がありました。

この精のつくものとしてうなぎは、奈良時代から有名でしたが、

今のように土用の丑の日にうなぎを食べるのが一般化したのは、江戸時代中後期の頃。

幕末の万能科学者として有名な平賀源内が、夏場にうなぎが売れないことを近所のうなぎ屋に相談され、

「本日、土用丑の日」と書いた張り紙をしたところ、大繁盛したことがきっかけだと言われています。

 

 

 

そんな丑の日のメインであるうなぎですが、どのような栄養があるのでしょうか。

 

 

昔から滋養強壮に良いとされ、夏バテ予防の代名詞であるうなぎには

豊富なたんぱく質のほかにさまざまな栄養素が含まれています。

 

 

★ビタミンA

 

うなぎに含まれるビタミンAはかなり豊富であり、蒲焼一人前で1日に必要な量を摂取することができます。

ビタミンAには、皮膚や粘膜のうるおいを保ち、視覚を正常に保つ効果が期待されています。

また皮膚や粘膜を正常に保つことで風邪予防などの働きもあります。

しかしビタミンAは脂溶性ビタミンですので、食べ過ぎには注意しましょう。

 

 

★ビタミンB1

 

夏バテ予防に最も重要なビタミンB1!

ビタミンB1は炭水化物の代謝に必要不可欠であり、不足すると食欲が減退し消化不良を起こしやすくなります。

また脳の働きを鈍らせ、疲労感を強めます。

ビタミンB1は炭水化物の代謝を促進させ、体調を整える役割があります。

 

 

★ビタミンB2

 

ビタミンB2は細胞の再生と成長に関係しており、成長期に欠かせない栄養素です。

また炭水化物・脂質・炭水化物の代謝を促進させ、体調を整える役割があります。

 

 

★ビタミンD

 

ビタミンDはカルシウムの吸収を促進させるビタミンです。

カルシウムは体内への吸収率が悪く、カルシウムの多い牛乳の吸収率は約40%です。

ですのでビタミンDと一緒に摂取することでカルシウムの吸収率を高めることができます。

うなぎの中で一番ビタミンDの含有量が高いのは肝の部分です。

 

 

★ビタミンE

 

ビタミンEには強い抗酸化作用があり、ビタミンEは細胞の活性に役立っています。

ビタミンEは細胞が老化するのを防ぎ、美肌効果が期待できます。

 

 

★カルシウム

 

カルシウムは骨や歯を丈夫にするために欠かせないミネラルです。

カルシウムが不足すると骨粗鬆症のリスクが高まります。

 

 

★鉄

 

体内の鉄が不足すると貧血を起こしたり、疲れやすくなります。

鉄にはヘム鉄と非ヘム鉄の2種類があり、

うなぎなどの魚や肉などに含まれるヘム鉄の方が体内への吸収が良いです。

またビタミンCと一緒に摂取することで体内への吸収率はよくなります。

 

 

★不飽和脂肪酸(EPA・DHA)

 

うなぎの脂質は20%も占めています。

しかしこれらの脂質は不飽和脂肪酸のEPAやDHAを多く含んでいます。

DHAは脳の働きをよくする役割があります。

またEPAは脳梗塞や心筋梗塞といった血管の病気予防に効果が期待されています。

DHAやEPAは高度不飽和脂肪酸であり、常温では固まらない性質を持っています。

そのため血液の流れをよくし病気を予防してくれます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今年の土用の丑の日は7月29日です!

 

 

栄養たっぷりなうなぎを食べて今年の夏を乗り切りましょう!

 

只今三河屋各店舗ではうなぎの蒲焼の予約を行っています。

当店自慢のうなぎを是非お試し下さい♪

 

 

水谷友紀

 

7月に入りだんだん夏の気配が濃厚になってきた今日この頃、みなさんいかがお過ごしでしょうか?

梅雨明け前の不安定な天気で気温も安定しませんが、体調など崩していませんでしょうか?

 

 

 

そんな今回はこれからの季節気になる夏バテ予防について特集したいと思います。

 

 

 

暑くなって体温が上がると、皮膚の血管が拡張して血液が体の表面に集まって汗を出します。

しかし湿度が高いと汗の蒸発が妨げられ体温調節が難しくなり、熱が体内にこもって疲れやすくなります。

また食生活の面では、暑さによって「暑い→だるい→食欲がない

→飲料水の取りすぎ→消化力の低下→食欲不振」という悪循環がおこります。

さらに暑さで寝苦しくて生活のリズムが乱れがちになります。

その結果、体調が崩れて夏バテを起こしてしまうと言われています。

 

 

 

そこで今回は夏バテ予防の中でも食生活にスポットを当てて紹介したいと思います。

 

 

夏バテ予防に効果のある食材とは…!

 

 

 

ビタミンB1

 

ビタミンB1の不足は夏バテに大きく影響します。

ごはんや麺類などの炭水化物が体内でエネルギーに変わるためには

ビタミンB1が必要不可欠

ビタミンB1が不足すると炭水化物がエネルギーに変換されず、

脳がエネルギー不足になり眠気を催したり、脳からの指令で動く末梢神経の働きが

悪くなり、倦怠感を感じたりします。

 

特に夏場はそうめんなどの炭水化物のみで食事を済ますことが増える時期でもあります。

炭水化物の量が増えればビタミンB1もどんどん使われていくため、

倦怠感などの症状が起きやすくなります。

 

炭水化物を多く食べたときはビタミンB1も多く食べる必要があります。

ビタミンB1を多く含む食品には、豚肉・ごま・うなぎ・大豆・玄米・かつおなどがあります。

中でも豚肉は調理法が多彩であり、ビタミンB1が特に多い食品です。

 

またにんにくやネギ、ニラなどに含まれる匂い成分である「アリシン」は、

ビタミンB1の吸収を高めてくれる為、一緒に食べるとよい栄養素です。

 

 

クエン酸

 

クエン酸みかんやレモンなどの柑橘類や梅干などに多く含まれる酸味成分です。

クエン酸は体内に溜まった疲労の原因物質である乳酸を、体外に排出するのを促す効果がある成分です。

 

また酸味には食欲増進効果も期待できます。

梅干をみて口の中に唾液が出てきたことはありませんか?

酸味は唾液や胃液などの分泌を盛んにし、消化を助ける効果があります。

 

 

 

香辛料・香味野菜

 

唐辛子やわさび、こしょうなどの香辛料や生姜やネギ、しそ、みょうがなどの

香味野菜は食欲増進効果があります。

辛いものは胃や腸を刺激することで胃腸の運動が活発になり、

唾液や胃液が多く分泌され食欲が増進されます。

 

しかし注意すべき点としては、唐辛子などの香辛料は食べ過ぎると胃腸が荒れてしまい、

逆に食欲が低下してしまうので、食べすぎには注意しましょう。

 

 

 

夏バテ予防で一番大切なのは、バランスのよい食事をすることです

 

 

食欲がないときは一気に食べるのではなく、

少しずつ回数を分けて食べると胃腸への負担が少なくなります。

食べないとエネルギー不足になり、余計に疲れてしまいます。

 

また汗でビタミンやミネラルが失われる季節でもあります。

野菜や海藻などを上手に組み合わせながら食べるとよいでしょう。

特にトマトやきゅうり、なすといった夏野菜は、身体を冷す効果があるとされています。

夏野菜を食べて身体の中から体温を下げるのも夏バテ予防に効果的です。

 

 

 

今回は夏バテ予防に大切なビタミンB1が摂取できる豚肉を使ったレシピです!

 

 

 

☆ さっぱり!豚の唐揚げネギまみれ ☆

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

<材料>               2人分

・豚ロース(カツ用)          2枚

ガーリック塩             少々

・片栗粉                適量

・白ねぎ                1/2本

・万能ネギ               6本

・生姜                  1片

・大葉                  3枚

玉ねぎ黒酢ドレッシング     適量

 

 

 

<作り方>

①豚肉の両面にガーリック塩をふりかけ下味をつける。

 白ねぎはみじん切り、万能ネギは小口切り、大葉は千切りにする。生姜はすりおろす。

②豚肉は6等分に切り、表面に薄く片栗粉をまぶす。

 フライパンに少し多めの油を入れ、豚肉を揚げ焼にする。

③ ボウルに切った野菜と生姜、玉ねぎ黒酢ドレッシングを加えよく混ぜ合わせる。

④ お皿に油をきった豚肉を盛り付け、全体にネギソースをかけたら出来上がり。

 

 

 

豚肉の中でもビタミンB1の含有量が多いロース肉と、アリシンの含まれるネギを一緒に食べることで

より夏バテ予防の効果が得られるレシピです。

揚げ焼にすることで揚げるより脂っこくなりすぎず、

ネギや生姜、大葉をソースに入れることでさっぱり食べやすくしました。

さらにお好みでみょうがを加えることで夏らしいさっぱりソースが出来上がります。

ビタミンB1は豚肉の部位によって含有量が違い、特に多い部位はヒレやもも肉です!

またベーコンやハムといった豚肉の加工品にもビタミンB1は多く含まれているので、

食材を上手に利用して夏バテを予防していきましょう!

 

 

水谷友紀

PageTop