三河屋プラス

トップページ > アーカイブ: 12月 2014

安心・安全で、健康と美味しさを追求した食品をお値打ちに。三河屋プラス

12月も気づけば半分が過ぎ、だんだん新しい年が近づいてきました。

何かと忙しい12月ですが、いかがお過ごしでしょう?

 

12月といえばもうすぐクリスマス!

今回はそんなクリスマスにぴったりな簡単なのに美味しいクリスマスメニューの特集です♪

中でもメインにオススメなお肉を使ったレシピ4品を紹介したいと思います。

クリスマスの夕食に、みんなでわいわいホームパーティーなどにいかがでしょうか?

 

 

☆クリスマスサラダ☆

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

<材料>                 4人分

・豚ヒレ肉                 150g

マジックスパイス           適量

・白ワイン                 大さじ4

・アボカド                  1個

・パプリカ(赤)                                1/4個

・レタス                   3枚

・ミニトマト                 3個

チョレギサラダドレッシング    適量

 

<作り方>

①豚ヒレ肉はスライスし、マジックスパイスと白ワインを馴染ませる。

②シリコンスチーマーに①を入れ、500Wのレンジで4分加熱する。

③レタスは一口大にちぎり冷水にさらす。アボカドとパプリカはスライス、

 ミニトマトは半分に切る。

④お皿にレタスをひき、アボカドとパプリカを周りに交互に並べていく。

 ミニトマトと②を真ん中に盛り付け、ドレッシングを全体にかけたら出来上がり。

 

~Point~

赤と緑のクリスマスカラーのサラダです!

豚肉を使用することでちょっぴり豪華になり、

前菜としてもメインの1品としてもオススメなメニューです。

シリコンスチーマーがない場合は、クッキングシートと蒸し器を使用して作ってください。

またアボカドは変色しやすいので、スライスした後レモン汁で和えると変色を防ぐことができます。

フリルレタスやベビーリーフを使用しても豪華なサラダが出来上がります!

 

 

 

 

☆ローストビーフ☆

 

 

 

 

<材料>                4人分

・牛肉ももかたまり          300g

・にんにく                2片

・塩                    適量

・黒こしょう               適量

・水                    100cc

煮物丼物なんでもござれ    50cc

・レモン汁               小さじ2

・粉ゼラチン              3g

 

<作り方>

①肉を常温に戻し、塩・黒こしょうをまぶす。

②フライパンに少量の油をひき、肉を入れて周囲に焼き目をつける。

③スライスしたにんにくを加え、香りがたったら水と煮物丼物なんでもござれを加え、

 ひと煮立ちさせ火を止める。(蓋をして45分置く)

④肉を取り出し、レモン汁を加え、煮汁を温めなおす。

 次に少量の水でふやかした粉ゼラチンを入れ、よく混ぜる。

⑤粗熱が取れたら肉とジュレソースを別々の器に入れ、冷蔵庫で冷す。

 冷えたら肉を薄くスライスし、器に並べジュレソースをかけて出来上がり。

 

~Point~

お家で簡単手作りローストビーフ!

フライパン1つで実は簡単にできちゃうんです。

お肉の厚さはお好みでスライスしてください。

またソースをジュレにすることでちょっとおしゃれに演出することができます。

ジュレは薄くなるように容器のサイズを調整するのがポイントです。

レタスやベビーリーフなどをひいて豪華なサラダ風にすることもできますので、

今年のクリスマスは是非お試しください♪

 

 

 

 

☆チキンソテー バジルマヨソース☆

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

<材料>            2人分

・鶏ムネ肉           1枚

マジックスパイス     適量

・ローズマリー         1本

超贅沢バジルソース   小さじ2

・マヨネーズ          小さじ2

 

<作り方>

①鶏肉にマジックスパイスをふりかけ馴染ませておく。

②フライパンにオリーブオイルを熱し、皮を下にして中火でじっくり蓋をして焼く。

 このときローズマリーを入れる。

③焼き目がついたらひっくり返し2分程焼く。弱火にし蓋をしたまま15分ほど蒸らす。

④焼きあがったら食べやすい大きさに切り、お皿に盛りつける。

⑤バジルソースとマヨネーズを混ぜ合せ、④にかけたら出来上がり。

 

~Point~

クリスマスの定番鶏肉を少しおしゃれなメニューに!

今回はムネ肉を使いましたが、もも肉でも美味しく召し上がれます。

また鶏肉の大きさや厚みに合せて加熱時間を調整してください。

蒸し焼きにするときは火加減に注意するとパサパサにならずふっくらとした仕上がりになります。

バジルソースは好みに合わせてマヨネーズとの比率を調整してください。

少し粘度がかたいときは、オリーブオイルを少量加えると柔らかくなります。

簡単&家計にも優しいクリスマスメニューです♪

 

 

 

☆ミートローフ☆

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

<材料>                    2人分

・A合挽き肉                   250g

・A玉ねぎ                    1/2個

・A卵                       1/2個

・Aパン粉                    大さじ2

・A牛乳                      大さじ2

・A塩こしょう                   適量

・Bにんじん                    3cm分

・Bコーン缶                    大さじ2

・Bブロッコリーの芯               3cm分

・Bプロセスチーズ               20g

完熟トマトの濃厚トマトケチャップ   大さじ2

・ウスターソース                大さじ1

 

<作り方>

①玉ねぎはみじん切り、にんじん、ブロッコリーの芯、チーズは5mmのさいの目切りにする。

②にんじんとブロッコリーの芯を耐熱容器に入れ、500Wのレンジで1分30秒加熱する。

 玉ねぎも同様にレンジで1分加熱する。

③ボウルにAの材料を全て入れてこねる。

 さらにBを加えてひとまとめにし、手で押さえて空気を抜く。

 クッキングシートに四角くした③をのせ、一方の角を2~3回折り込み、

 両端はねじってとじる。

④深めのお皿にのせ、レンジで8分加熱する。

 でた肉汁大さじ1とケチャップ、ウスターソースを合せてソースを作る。

⑤少し冷ましてから切り分け、ソースを塗って出来上がり。

 

~Point~

レンジで簡単に作れるミートローフの提案です!

ミートローフといえばオーブンで長時間加熱して作るイメージですが、

レンジでお手軽に作ることができます。

中身に入れる野菜などはお好みのものを入れてください。

全てレンジで調理可能なので、他の料理を作りながらでも作れます。

パーティーなどメニュー数の多いときにオススメのレシピです♪

 

 

今年のクリスマスは手作りディナーに挑戦してみませんか?

あとはサラダやスープなどを付け足せば素敵なディナーの完成です!

簡単なのに美味しいレシピで素敵なクリスマスを♪

 

 

水谷友紀

今年も残すとこ後1ヶ月となりましたが、皆様いかがお過ごしでしょうか?

 

12月に入り寒さもより厳しくなってきました。

そんな今回はこの時期よく見かける『りんご』をピックアップしたいと思います。

 

1日1個のりんごは医者を遠ざける」ということわざがあるほどりんごは栄養満点な果物です。

 

では実際にはどんな栄養素があるのでしょうか?

りんごは約85%が水分でできています。

そして残りの15%には様々な栄養素が含まれており、注目すべき栄養素はカリウム食物繊維です。

 

カリウムには、体内の余分なナトリウムを体外に排出する働きがあります。

そのため高血圧予防に効果が期待されています。

 

また有機酸やビタミンCは疲労回復に効果があると期待されています。

またビタミンCは鉄分の吸収を高めてくれるため、りんごには貧血予防の効果が期待されています。

 

そしてりんごに含まれる食物繊維には、腸の働きを活発にし、消化・吸収を助ける働きがあります。

りんごの食物繊維にはペクチンという水に溶ける水溶性食物繊維と、

セルロースなどの不溶性食物繊維があります。

 

ペクチンは水に溶けるためゼリー化して炎症部分の粘膜をカバーする働きがあります。

また悪玉コレステロールを減らす働きがあるので、動脈硬化の予防に期待されています。

 

セルロースなど不溶性食物繊維は発ガン物質を体外に排出する働きや、

ビフィズス菌などの善玉菌が大腸で増加するのを促進させる働きがあります。

そのため大腸ガンの予防に効果が期待されています。

 

この食物繊維はりんごの果肉ではなく皮の部分に多く含まれているため

りんごを食べるときは皮ごと食べることをオススメします。

 

さらにりんごは胃腸に優しい果物でもあります。

りんごには胃酸が少ないときは胃酸を増やし、逆に胃酸が多いときは胃酸を中和する働きがあります

ですので、胃腸の調子が悪いときなどすりおろしたりんごを食べると症状が回復する効果が期待できます。

 

 

これ以外にもりんごには肥満予防の効果が期待されています。

りんごは100gあたり54kcalと少なめです。

これはりんご1個(約300g)に換算すると162kcalであり、

ごはん1杯(150g)252kcalよりカロリーを抑えることができます。

ですので、ごはんを食べる前にりんごを半分~1個食べることで満腹感を感じ、

食べすぎを予防することができます。

 

そしてりんごには100種類以上のポリフェノールが含まれており、

老化防止や抗酸化作用、コレステロール減少効果などが期待されています。

このりんごポリフェノールは主に皮と、果肉と皮の間に多く含まれているため、

りんごを丸かじりで食べることがオススメです。

 

 

りんごといっても様々な品種があります。

そこでよく見かける品種の特徴を簡単に紹介します♪

 

 

★ふじ

 

ふじは日本で最も生産量の多いりんごです。

蜜が入りやすいものが多く、味のバランスが良い甘みと香りが強いのが特徴です。

また果汁も豊富でシャキシャキとした食感が人気の品種でもあります。

 

 

★つがる

 

9月初旬~中旬にかけて食味がよくなる品種です。

糖度が12~13%になる甘味のりんごで、酸味は弱い果汁が豊富なのが特徴です。

 

 

★紅玉

 

「この品種に勝るものはない」と言われるほど、調理用・加工用の適性が高い品種です。

味は酸味の効いた甘味とさわやかな芳香、多汁な口当たりが特徴です。

果肉は緻密でしまりがあるため、煮崩れしにくくアップルパイやタルトタタンを作るのに適しています。

 

 

★ジョナゴールド

 

ジョナゴールドは果汁が多く甘味と酸味のバランスが良いのが特徴です。

また果肉は少し硬く緻密なため食感はシャキシャキとしています。

酸味がやや強く、生食用にも加工用にも適しています。

ジョナゴールドは果皮からロウ物質を分泌するので、少し保存すると果実の表面が光ってべたつくようになります。

 

 

★王林

 

青りんごの代表的な品種でもある王林は、酸味が少なく甘味が強い、独特の甘い芳香があるのが特徴です。

果肉はやや硬く緻密で果汁が豊富です。王林は貯蔵性が非常に優れているため、春頃まで出荷されます。

食べごろの時期は11月中旬頃から翌年2月頃までです。

 

 

 

 

最後にりんごを使ったレシピを紹介します。

今回はおかずメニューと簡単に作れるデザートメニューです♪

 

 

☆豚肉とりんごのカレー☆

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

<材料>           2人分

・さつまいも          1/2本

・豚バラ薄切り        100g

・りんご             1/2個

・トマト              1個

・生姜              1片

・にんにく            1片

・玉ねぎ             1/2個

大地の野菜カレールウ 大さじ2

・水                300ml

 

<作り方>

①さつまいもは輪切りにして水にさらす。

 りんごは皮つきのまま4等分にくし切りにし、豚肉を1枚ずつ巻きつける。

 トマトは湯むきしてざく切りにする。

 生姜、にんにく、玉ねぎはみじん切りにする。

②鍋に油を熱し、豚肉を巻きつけたりんごを入れ、両面を焼いたら取り出す。

 次に生姜、にんにく、玉ねぎを加え、しんなりするまで炒める。

③トマトを加えつぶしながら炒め、水を加えて5分ほど煮る。

④さつまいもとりんごを加え、蓋をして弱火で10分ほど煮る。

 さつまいもが柔らかくなったら一旦火を止め、カレールウを加え混ぜ合わせる。

 再び火をつけ、弱火でとろみがつくまで煮たら出来上がり。

 

~Point~

りんごとさつまいもで少し甘めのカレーです。

りんごは煮込むので一番煮崩れしにくい紅玉がオススメですが、どの品種でも大丈夫です。

また豚肉の巻き終えた部分を下にして焼くと、肉がくっつきほどけにくくなります。

辛さが足りない場合はお好みでカレールウの量を調整してください。

さつまいもとりんごで食物繊維たっぷりなメニューです!

 

 

 

☆りんごケーキ☆

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

<材料>                  直径20cmのフライパン1つ分

・りんご                   1個

・A生姜シロップ             大さじ2

・Aバター                  15g

ふわふわホットケーキミックス   100g

・卵                      1/2個

・砂糖                     10g

・牛乳                     80cc

・溶かしバター               5g

 

 

<作り方>

①りんごはよく洗い、芯を取り厚さ5mmのくし切りにする。

②フライパンに①とAを入れて混ぜ、中火にかけて蓋をし時々混ぜながら3分加熱する。

 次に蓋を開けて混ぜながら弱火で5分ほど加熱し、煮汁が煮詰まってきたら火を止める。

③ボウルにホットケーキミックス、卵、砂糖、牛乳を入れ泡だて器で混ぜる。

 次に溶かしバターを加えて混ぜる。

④フライパンにできた煮りんごを放射線状に並べ、その上に生地をそっと流しこむ。

 蓋をして弱火で10分ほど様子を見ながら焼く。

⑤火を止め5分ほど置いてから、ゴムベラでケーキ全体をフライパンからはがし、

 大き目のお皿をかぶせ、お皿ごとフライパンをひっくり返し、

 ケーキを取り出したら出来上がり。

 

~Point~

フライパンだけで作れる簡単りんごケーキのレシピです!

フライパンの大きさやガスコンロの種類などに合せて焼く時間は調整してください。

ホットケーキミックスを使うので、生地も簡単に作ることができます。

使用するりんごの種類によって味が変化するので、いろんな種類で試してみてください♪

フライパンに煮りんごを並べるときは皮をフライパン側になるように並べると見た目が綺麗なケーキが出来上がります。

 

 

 

今が美味しい栄養豊富なりんごを食べて内側から美しくなりませんか?

 

水谷友紀

PageTop