三河屋プラス

トップページ > アーカイブ: 1月 2015

安心・安全で、健康と美味しさを追求した食品をお値打ちに。三河屋プラス

1月も半分が過ぎましたがいかがお過ごしでしょうか?

 

さてお正月も過ぎ次にやってくるのは節分です。

そこで今回は節分について特集したいと思います!

 

 

 

節分とは本来季節の分かれ目という意味で、元々は「立春」「立夏」「立秋」「立冬」の前日を指していました。

ところが日本では立春を1年の始まりとし特に重んじられたため、

次第に節分と言えば立春の前日である「春の節分」のみを指すようになりました。

立春を1年のはじまりである新年と考えれば、節分は大晦日にあたります。

平安時代の宮中では、大晦日に陰陽師らによって旧年の厄や災難を祓い清める「追儺」の行事が行われていました。

室町時代以降には豆をまいて悪鬼を追い出す行事へと発展し、民間にも定着していきました。

 

 

さてこの豆まきはどこから伝わったのでしょう。

 

 

節分に豆をまく「豆まき」は中国の風習が伝わったものとされています。

豆は「魔滅」に通じ、無病息災を祈る意味があります。

昔、京都の鞍馬に鬼が出たとき、毘沙門天のお告げによって大豆を鬼の目に投げつけたところ、

鬼を退治できたという話が残っており、「魔の目(魔目=まめ)」に豆を投げつけて

「魔を滅する(魔滅=まめ)」に通じるということです。

豆まきは一般的に、一家の主人あるいは「年男」が豆をまくものとされています。

そして家族は自分の数え年の数だけ豆を食べると病気にならず健康でいられると言われています。

 

 

ただ豆まきに使う豆は炒った豆でなくてはなりません。

 

なぜなら生の豆を使うと拾い忘れた豆から芽が出てしまうと縁起が悪いからです。

「炒る」は「射る」に通じ、また鬼や大豆は陰陽五行説(「木」「火」「土」「金」「水」の五行)の「金」にあたり、

この「金」の作用を滅するといわれる「火」で大豆を炒ることで、鬼を封じ込めるという意味があります。

そして最後は、豆を人間が食べてしまうことにより、鬼を退治した、ということになるわけです。

 

 

では節分になぜ恵方巻きを食べるのでしょうか?

 

 

節分に巻き寿司を食べる風習は、福を巻き込むという意味と、

縁を切らないという意味が込められ、恵方に向かって巻き寿司を丸かぶりするようになりました。

恵方とは、その年の幸福を司る歳徳神のいる方角のことで、その年の最も良いとされる方角のことを言います。

1年ごとに巡ってくる十干と十二支により、その方角が変わります。

そして恵方巻きの具材は縁起のいい七福神に由来して、一般的に7種類の具材が入っています。

また福が来てくれるようにという意味で太巻きにします。

恵方巻はその年の恵方を向き太巻きを丸かぶりします。

このとき無言でお願い事をしながら、しゃべらずに食べます。

恵方巻きを食べている最中におしゃべりをすると運が逃げてしまうといわれています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

三河屋では只今恵方巻きのご予約を受け付けております!

 

今年の恵方は「西南西」です。

 

当店の恵方巻は全て犬山成田山で御祈祷された海苔を使用しています。

縁起がよい海苔を使用した美味しい恵方巻きを是非お召し上がりください♪

 

 

水谷友紀

あけましておめでとうございます!本年も宜しくお願いします。

 

 

お正月やこれからの季節、お餅を食べる機会が増えていきます。

そこで2015年最初の食育通信ブログは

お餅についての歴史や効能、またお餅の活用レシピなどについて特集したいと思います。

 

 

そもそもお餅はいつ頃から食べられていたのでしょうか?

 

 

お餅が古くから神妙な食べ物であることを物語る伝説のひとつに

奈良時代に編纂された「豊後国風土記」があります。

豊後の国の球珠速水の郡の田野に住んでいた人たちは、

水田を作って稲作を行っていました。

そし余った米で大きな餅を作ってそれを的にして矢で射ると、

その餅は白い鳥になって飛んでいってしまいました。

その後、家は衰え、水田は荒れ果てた野になってしまったという話です。

白い餅は縁起のよい白鳥に連想されていて、神秘な霊を宿すものと考えられていました。

そのため、粗末に扱うことのないようにという意味が込められていたのではないかとされています。

伝説の餅が稲の神様である稲霊を象徴していたように、

日本では餅は単なる美味しい食べ物ではなく、神が宿る特別な存在として敬われてきました。

餅を食べると力がつき、新しい生命を再生させる霊力があると信じられ、ハレの日に餅を食べる習慣が広がりました。

 

 

ではお正月に飾る鏡餅はなぜ丸いのでしょう?

 

 

鏡餅の形は平たくて丸く、どっしりしています。

この形は一説には人の魂がこもる心臓を模した言われています。

また社会や人間同士のお付き合いが円満であることをあらわしていると言われています。

そういった願いと長寿を祈願する為に、正月にやってくる年神様に

福と徳を重ねがさねよろしくいただくということで二段重ねにして床の間に供えました。

満月を別名「望月」と呼ぶことから、鏡餅を拝むと望みをかなえられると信じられてきました。

この満月型の餅は、天皇の神器である「三種の神器」のひとつ

銅鏡の形に似ているから鏡餅といわれるようになりました。

 

 

そして1月11日は「鏡開き」の日です。

 

 

武家社会では古くは1月20日でしたが、江戸時代になって1月11日になりました。

鏡開きは神様にお供えした鏡餅や餅を下げて、家族みんなでありがたくいただく日です。

正月、神様は新しい生命を与えるために現れると信じられてきました。

神様に供えた鏡餅には、神様の霊力が宿っていると言われています。

武家では、鏡餅を具足を納めた箱の上に供えていた為

それを庖丁刀で切るのは縁起が悪い、また神や人の縁を切るといって嫌いました。

このため、木づちで叩いて割って福を分かち合って食べました。

この事が運を開くに通じるために鏡開きというようになりました。

 

 

では縁起のよいお餅にはどんな効能があるのでしょうか?

 

 

まずお餅の優れた点の1つに様々な食べ方ができるということがあります。

時間がないときや食欲がないときでも食べやすいお餅は、いろんな食べ方ができます。

あんこやきな粉をまぶして食べたり、醤油をつけたお餅を食べる磯辺焼き、ケチャップやチーズをのせて焼いた餅ピザ、

お肉や野菜と共にホワイトソースで絡めて焼いた餅グラタンなど和洋中いろんな食べ方ができます。

そしてお正月に食べるお雑煮は地方により違いがあり、

お椀1杯の中にふるさとを感じることのできる日本の郷土食代表であると言える料理です。

 

 

またお餅は運動をする人にとってもいいことがあります。

 

 

お餅には運動中のエネルギー源である炭水化物が多く含まれています。

ご飯100gとお餅100gでは、お餅の方が炭水化物の量が多く含まれています。

またお餅はご飯に比べ食べやすくコンパクトに炭水化物を摂取することができます。

そしてお餅の炭水化物をいち早くエネルギーにしたい時にオススメなのが

お餅に大根おろしを絡めた「からみ餅」です。

大根にはデンプンを分解するアミラーゼという消化酵素が含まれているため、お餅の消化を助けてくれます。

 

 

しかし先ほどメリットとして食べやすいということを挙げましたが、食べすぎには注意が必要です。

お餅はいろんな食べ方ができるため、飽きがこず食べ過ぎてしまった経験はありませんか?

ご飯に比べて炭水化物の量が多い為、

食べ過ぎた分がエネルギーとして使われないと体内では脂肪に変わってしまいます。

美味しいお餅ですが食べすぎには十分注意しましょう!

 

 

 

さて最後にお餅を使ったレシピを紹介します♪

 

 

 

 

☆餅とチーズの豚肉巻き☆

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

<材料>                   2人分

・切り餅                    2個

・豚薄切り肉                 8枚

・スライスチーズ              4枚

・大葉                     4枚

・小麦粉                   適量

プロの味焼肉のたれ甘口      大さじ3

 

 

<作り方>

①切り餅は細長く4等分に切る。スライスチーズと大葉は半分に切る。

②豚肉を広げ、チーズ、大葉、餅の順にのせ巻いていく。

③フライパンに油を熱し、小麦粉を薄くまぶした②を巻き終わりが下になるよう並べていく。

 転がしながら全体に焼き色がついたら弱火にし、蓋をして3分ほど蒸し焼きにする。

④全体に火が通りお餅が柔らかくなったら、焼肉のたれを加え全体にからめたら出来上がり。

 

 

~Point~

おかずになるお餅活用メニューです!

蒸し焼きにするときには必ず弱火にしてください。

強火で長時間加熱するとお餅が柔らかくなる前にお肉が硬くなってしまいます。

また味付は照り焼きなどでも美味しく召し上がれます。

チーズが苦手な場合は刻んだ梅干しを巻きポン酢や大根おろしでいただくのもオススメです。

今回はチーズを加えるため豚肉は脂の少ないロース肉を使用しました。

おかずとしてもおつまみとしてもオススメなメニューです♪

 

 

 

 

 

☆揚げ餅のおろしあんかけ☆

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

<材料>               1人分

・切り餅                2個

・なめこ                30g

・大根おろし             1/2カップ

・みつば                10g

・A煮物丼物なんでもござれ  40ml

・A水                  160ml

 

 

<作り方>

①みつばは2cm幅に切っておく。お餅は低温の油でじっくり揚げておく。

②鍋にAを加え沸騰させる。次になめこと大根おろしを加えひと煮立ちさせる。

③みつばを加え火を止める。

④器に揚げ餅を入れ、③を全体にかけたら出来上がり。

 

 

~Point~

いつもと違う食感が楽しめるお餅活用メニューです!

あらかじめお餅を揚げておくことでいろんな料理に加えることができます。

また大根おろしを加えたおろしあんは消化を助けてくれるので、するっと食べれてしまいます。

焼き餅や煮餅に飽きたら是非揚げ餅にチャレンジしてみてはいかがでしょうか?

 

 

美味しいお餅は調理次第でいろんな味に変化します!

今年はいろんなお餅レシピを味わい尽くそう♪

 

水谷友紀

PageTop