三河屋プラス

トップページ > アーカイブ: 2月 2016

安心・安全で、健康と美味しさを追求した食品をお値打ちに。三河屋プラス

2/26(金) 福井県敦賀港にて今朝獲れたばかりのお魚が入荷しました!

 

 

 

 

 

鮮度抜群!新鮮なお魚を多数取り揃えております。

 

本日の食卓に、ぜひおいしいお魚料理をどうぞ!

 

 

 

 

 

皆様のご来店お待ちしております。

 

 

 

 

 

本日の漁港市の開催はありません。

 

次回開催をお楽しみに♪

 

 

2月もあっという間に半分が過ぎ、暦の上では春を迎えましたがまだまだ朝晩は寒い日が続いています。

最近ではインフルエンザが流行したりと体調に気をつけている方も多いのではないでしょうか?

 

そんな冬の寒さが厳しい今月のテーマは『風邪予防

 

前回のブログでは風邪予防にオススメな食材を紹介しました。

そこで今回はその食材や栄養素をたっぷり使用したレシピを紹介したいと思います!

 

 

☆簡単ポテトグラタン☆

 

 

<材料>          2人分

・じゃがいも        2個

・クリームコーン缶     小1個

・ベーコン         2枚

・玉ねぎ          小1個

・生クリーム        100ml

マジックスパイス     少々

・にんにく         1片

・ピザ用チーズ       40g

 

<作り方>

①じゃがいもは皮をむき、5mm厚の半月切りにし、硬めにゆでて、ザルに上げておく。

にんにくはみじん切り、ベーコンと玉ねぎは細切りにする。

②フライパンにサラダ油を熱し、にんにくを炒め、

香りがしてきたらベーコンと玉ねぎを加えて、炒める。

③玉ねぎがしんなりしてきたら、硬めにゆでたじゃがいもを加え、

しばらく炒めて、マジックスパイスで味をつける。

④グラタン皿に③の半量を薄く敷き、

その上にクリームコーン、生クリーム、ピザ用チーズを

各半量ずつまわしかける。これをもう一度繰り返す。

⑤オーブントースターで表面のチーズに焦げ目がつくまで焼いたら、出来上がり。

 

~Point~

ホワイトソースがなくても作れる簡単グラタンレシピの提案です。

じゃがいもにはビタミンC、ベーコンにはたんぱく質、チーズにはビタミンAが豊富に含まれているほか、

にんにくや玉ねぎには体を温める効果があります。

さらに豚肉を原料としているベーコンにはビタミンB1が含まれており、

じゃがいもの主成分である糖質の代謝を促してくれます。

そして玉ねぎにはこのビタミンB1を体内に吸収するのを助ける働きがあるので、

食材の相性がとてもよいメニューです。

調理のポイントには、今回の作り方は大皿での作り方なので、

1人用の小さいグラタン皿を使用するときは、1/4量ずつ重ねていってください。

ホワイトソースが作るのが大変というときにオススメです!

 

 

 

☆たらと新じゃがのチーズソテー☆

 

 

<材料>             4人分

・生たら             4切れ

・塩・胡椒            少々

・新じゃがいも          2個

・カマンベールチーズ       1個

・バター             大さじ1

ガーリック塩          適量

 

<作り方>

①たらは骨をとってひと口大の削ぎ切りにし、両面に塩・胡椒をふる。

②新じゃがは洗って皮をむき、ひと口大に切って耐熱皿に入れ、

ラップをし500Wの電子レンジで4~5分加熱する。

③フライパンにバターを入れ中火で熱し、たらを並べる。

たらに焼き色がついたら②を入れ、サッと炒める。

④次にカマンベールチーズをひと口大にちぎりながら加え、

チーズの形が残る程度に炒める。

最後にガーリック塩で味を調えたら出来上がり。

 

~Point~

旬の食材を使用したおかずメニューの提案です。

たらにはたんぱく質、じゃがいもにはビタミンC、チーズにはビタミンAが含まれています。

たらに含まれるたんぱく質は消化・吸収のよい良質なたんぱく質であり、低カロリーです。

さらにカルシウムの吸収を助けるビタミンDも豊富に含まれています。

ナチュラルチーズにはビタミンAの他にたんぱく質やカルシウムも豊富に含まれているので、

カルシウム摂取にもオススメの組み合わせです。

バターとチーズでしっかりとした味があるので、

ワインなどのおつまみにもオススメのレシピです♪

 

 

 

☆鶏肉と長芋のこってり煮☆

 

 

<材料>             4人分

・鶏もも肉            300g

・長芋              300g

・酒               少々

・酢               少々

・ながねぎ            5cm

・A煮物・丼物なんでもござれ   100ml

・A水              250ml

・にんにく            1片

 

<作り方>

①鶏肉は大きめに切り、酒をふっておく。

長芋は皮をむき、1cm幅の半月切りにし、酢水にさらす。

ながねぎは白髪ねぎにし、水にさらす。

②フライパンに少し多めの油を熱し、水気をふき取った長芋を入れる。

表面に焼き色がついたら取り出し、油をきっておく。

③②のフライパンの汚れをふき、鶏肉を入れ、両面こんがり焼く。

④余分な油をふき取り、Aを加える。沸騰したらスライスしたにんにくを加え、10分ほど煮る。

鶏肉に味がなじんだら長芋を加え、長芋がやわらかくなったら火を止める。

⑤器に盛りつけ、水気を切った白髪ねぎをトッピングしたら出来上がり。

 

~Point~

簡単に作れるおかずメニューの提案です。

鶏肉にはたんぱく質が豊富に含まれている他、肉類の中では消化によいお肉です。

また長芋は昔から「山うなぎ」と言われているほど滋養強壮によい食材と言われています。

鶏肉と長芋の組み合わせは風邪予防以外にも、疲労回復にもオススメな組み合わせです。

調理のポイントは、長芋は煮崩れやすいので最後に煮詰めるときはさっと煮るのがオススメです。

味をしみこませたいときは、火を止めてから少し置いておくと、

長芋の中まで味がしみて美味しくなります。

その場合は食べる直前に少し温め直してください。

おかずとしてはもちろんおつまみとしてオススメです!

 

 

 

☆あっさり鶏雑炊☆

 

 

<材料>            1人分

・鶏ムネ肉           50g

・大根             15g

・白菜             2枚

・生椎茸            2枚

なんでもつゆ         200ml

・水              300ml

・ごはん            茶碗1杯分

・卵              1個

・刻みのり           適量

・薬味ねぎ           1本

 

<作り方>

①鶏肉は薄く斜めに切る。

大根と白菜は1cmの角切り、椎茸は薄切りにする。

薬味ねぎは小口切りにする。

②鍋になんでもつゆと水を入れ、鶏肉、大根、白菜、椎茸を加えて煮立たせる。

大根が透明になったらごはんを加え、蓋をして弱火で15分ほど煮る。

③蓋をとり、溶き卵をまわしいれ、薬味ねぎを加えて再び蓋をし、1分たったら火を止める。

卵がお好みの硬さにかたまったら刻みのりをふりかけ出来上がり。

 

~Point~

風邪予防や胃が疲れているときにもオススメのレシピです。

鶏肉と卵は良質なたんぱく質が多く、脂肪が少なく低カロリーなムネ肉は、

鶏肉の中でもたんぱく質の量が多い部位です。

さらにいろんな野菜をたっぷり入れることで嵩増しにもなり、

ヘルシーだけど満腹感が得られるメニューです。

雑炊は体を温めてくれるメニューなので、寒い日の風邪予防にオススメです。

入れる野菜は冷蔵庫にちょこちょこ残りしている野菜を使うと、

冷蔵庫の片付けにもなりオススメです。

 

 

今年は気温の差が激しく体調を崩しやすい気候です。

こんなときこそ普段のメニューから風邪予防を心がけ、免疫力を高めることが大切です。

簡単お手軽メニューで毎日を元気に過ごしましょう♪

 

 

水谷友紀

 

 2/12(金) 福井県敦賀港にて今朝獲れたばかりのお魚が入荷しました!

 

鮮度抜群!新鮮なお魚を多数取り揃えております。

 

本日の食卓に、ぜひおいしいお魚料理を!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

なお、店舗のよっては入荷状況が異なりますので、

 

詳細は店頭にてご確認のうえご利用下さい。

 

皆様のご来店お待ちしております!

 

 

 

 

 

 

 

2/5(金) 福井県敦賀港にて今朝獲れたばかりのお魚が入荷しました!

 

 

 

鮮度抜群!新鮮なお魚を多数取り揃えております。

 

本日の食卓においしいお魚料理を!

 

 

 

 

 

 

 

なお、店舗によっては入荷状況が異なりますので、詳細は店頭にてご確認のうえご利用下さい。

 

皆様のご来店お待ちしております!

 

 

 

 

最近気温の変化が激しい日が続いていますが、皆様体調はいかがでしょうか?

 

暖冬と言われ例年より暖かい日や大寒波により急に寒くなったりと、体調を崩しやすい気候が続いています。

そこで今回は風邪予防について特集したいと思います。

 

まずなぜ風邪をひくのでしょうか?

 

風邪は原因となる菌やウイルスが体内に侵入することで症状がでます。

通常菌やウイルスは空気中に存在しており、私たちが息を吸い込むときに一緒に吸い込んでしまいます。

しかし体内に侵入されないよう口や鼻、のどなど外気と触れる部分は粘膜で覆われ、

菌やウイルスなどの異物が体内に侵入しないよう働いています。

この鼻やのどの粘膜が弱っていると風邪菌やウイルスが体内に侵入しやすくなります

 

 

また体内に菌やウイルスが侵入したとしても、

体内にある免疫機能が菌やウイルスを体外に追い出そうと働きます。

しかし体の抵抗力や免疫力が低下していると、

侵入してきた菌やウイルスを体外に追い出すことができず、

体内で菌が増殖してしまい風邪の症状が起きてしまいます。

体の抵抗力や免疫力は日々の食生活や乾燥、疲労、ストレス、睡眠不足、加齢などによって低下していきます。

そのため疲れているときや外食など偏った食生活、睡眠不足のときに

風邪をひきやすいのは、免疫力が低下しているためです。

 

ではどうしたら風邪を予防できるのでしょうか?

 

 

風邪を予防するためには免疫力を高めることが一番大切です。

そのためには十分な休養とバランスのよい食事を心がけることが重要です。

今回は食事の面からできる風邪予防を紹介したいと思います。

 

 

●バランスの良い食事

 

免疫力や抵抗食を高めるビタミンやミネラルを十分に摂り、

栄養バランスのとれた食事を心がけることが大切です。

 

 

たんぱく質

肉や魚などに多く含まれるたんぱく質は基礎体力をつけ、抵抗力を高める栄養素です。

あわしや鯵、さばやまぐろの赤身などの魚介類、ささみやムネ肉、ヒレ肉やもも肉などの肉類、

卵、豆腐や納豆などの大豆製品、乳製品などに多く含まれています。

 

 

ビタミンC

ビタミンCは免疫力を高める働きがある他、粘膜を正常に保つ働きがある栄養素です。

ビタミンCは加熱や水に弱いため、生で食べられるフルーツなどで摂るのがオススメです。

苺やみかん、キウイフルーツなどの果物、ブロッコリーやほうれん草などの

野菜類、イモ類などに多く含まれています。

 

 

ビタミンA

ビタミンAにはのどや鼻の粘膜を保護し丈夫する働きがある栄養素です。

ビタミンAは油と一緒に摂ると体内の吸収率が良くなります。

ほうれん草やにんじん、かぼちゃなどの緑黄色野菜、

うなぎ、チーズなどに多く含まれています。

 

 

亜鉛

亜鉛には疲労回復や新陳代謝を活発にし、免疫機能を高める働きがある栄養素です。

亜鉛は鉄分と同じぐらい必要と言われていますが、汗や尿の中に排出される量は鉄分より十倍多いため、

ダイエットや運動によって不足しやすい栄養素です。

牡蠣などの魚介類、赤身の肉類、レバー、豆、ナッツ類、大豆製品などに多く含まれています。

 

 

●あったかいメニューで体を冷やさない

 

菌やウイルスの侵入を防ぐには外敵と戦う免疫機能を高めることが大切です。

免疫機能は身体が温まり、血液循環が高くなるほど高まります。

自分の平熱より1度下がると免疫力は3割低下し、1度上がると5~6倍アップすると言われています。

 

 

身体を温めるメニュー

鍋や雑炊、おじや、うどん、スープ、スープ煮などは体内から身体を温めてくれるメニューです。

またお茶などの飲料も冷たいものではなく、温かいものを飲むようにするのがオススメです。

 

 

身体を温める食品

ねぎ、にら、にんにく、玉ねぎ、生姜、唐辛子などに含まれる辛味成分や刺激成分が血行を促進させ、身体を温めてくれます。

また辛味成分や刺激成分には消化を助ける働きや殺菌効果もあり、風邪予防に効果的な成分です。

しかしのどが痛むときや胃腸の調子が悪いときには、さらに刺激いてしまうので控えるのがよいです。

 

 

最後に風邪予防にオススメな食材を使用したレシピを紹介したいと思います。

 

 

☆和風オムライス☆

 

 

<材料>           1人分

・ごはん           180g

・鶏ムネ肉          80g

・玉ねぎ           1/4個

・にんじん          1/4本

・ブロッコリー        30g

・にんにく          1片

・万能ねぎ          1本

・バター           12g

・A顆粒だし         小さじ1/2

・A塩胡椒          少々

・A醤油           小さじ2

・B卵            2個

・B塩胡椒          少々

・大根            3cm

なんでも味付けポン酢    適量

 

<作り方>

①鶏肉はひと口大、玉ねぎ、にんじん、ブロッコリー、にんにくはみじん切りにする。

ねぎは小口切り、大根は皮をむいておろし、ザルで水気を切る。

Bは合わせてよく混ぜ合わせる。

②フライパンにバターとにんにくを入れ、弱火で加熱する。

香りが出たら玉ねぎ、鶏肉、にんじん、ブロッコリーを加え、玉ねぎが透き通るまで炒める。

③②にごはんを加え、中火で全体がなじむまでよく炒め、Aを加える。

全体がよく混ざったら一度皿にとる。

④フライパンに油を中火で熱し、Bを流し入れ半熟の状態にし、③を中央にのせる。

そのまま卵を滑らすようにフライパンの端に寄せ、お皿の上に返し、

キッチンペーパーなどで形を整える。

⑤水気を切った大根おろしを④にのせ、ねぎをちらし、ポン酢をかけたら出来上がり。

 

~Point~

いろんな種類の食材が一度に食べられるオススメメニューです。

卵と鶏ムネ肉には良質なたんぱく質が豊富に含まれています。

またにんじんにはビタミンAが、ブロッコリーにはビタミンCが豊富に含まれています。

さらににんにくには免疫力をアップさせる効果があります。

大根に含まれるジアスターゼという酵素には、消化吸収を促進し腸の動きを整える効果があります。

調理のポイントは火加減に注意してください。

バターとにんにくは焦げやすいので、弱火でじっくり炒めてください。

また卵を焼くときはしっかりと温めたフライパンで調理するときれいに作ることができます。

焦げ付きにくいフライパンがオススメです。

お子様でも食べやすい洋食メニューで風邪予防を!

 

 

 

☆牡蠣とかぼちゃの和風チーズ焼き☆

 

 

<材料>        2人分

・牡蠣(加熱用)    200g

・かぼちゃ       200g

・小麦粉        適量

なんでも味付けぽん酢 適量

・ピザ用チーズ               適量

 

<作り方>

①牡蠣は水洗いをし、ぬめりをとる。

かぼちゃはタネとわたをとり除き、小さめのひと口大に切る。

ラップに包んで、電子レンジで5分ほど加熱する。

②キッチンペーパーで水気を拭きとった牡蠣に小麦粉を薄くまぶす。

③フライパンに油を熱し、②を焼いていく。

表面や黄色がついたらポン酢を加え、転がしながら焼く。

④耐熱皿にかぼちゃ、牡蠣、チーズの順に入れ、

オーブントースターでチーズに焼き色がつくまで焼いたら出来上がり。

 

~Point~

メインのおかずやちょっとしたおかずにもオススメなメニューの提案です。

牡蠣は良質なたんぱく質や亜鉛以外にも様々なミネラルが豊富な食材です。

またかかぼちゃにはビタミンCやAが、チーズにはビタミンAやたんぱく質が豊富に含まれています。

かぼちゃの加熱時間はご家庭のワット数に合わせて調整してください。

また牡蠣は中火で蒸し焼きにしても美味しく召し上がれます。

しかし加熱しすぎると身が縮んで硬くなってしまうので、注意してください。

栄養満点な牡蠣を手軽に味わってみませんか?

 

 

風邪予防の一番の対策は十分な休養と栄養です。

昔に比べ現代人は免疫力が低下していると言われています。

しっかり食べてしっかり休む、ストレスをためないことが何より大切です。

今年の冬は免疫力を上げて元気に過ごしましょう!

 

水谷友紀

PageTop