三河屋プラス

トップページ > アーカイブ: 10月 2016

安心・安全で、健康と美味しさを追求した食品をお値打ちに。三河屋プラス

10/18(火)福井県敦賀港にて今朝獲れたばかりのお魚が入荷しました!

 

 

 

 

 

 

 

鮮度抜群!新鮮なお魚を多数取り揃えております。

 

 

本日の食卓に、ぜひおいしいお魚料理をどうぞ♪

 

 

 

 

 

 

 

なお、店舗によっては入荷状況が異なりますので、詳細は店頭にてご確認の上ご利用下さい。

 

皆様のご来店、お待ちしております!

 

10月も半分が過ぎ、秋の過ごしやすい気候になってきましたが、

皆様いかがお過ごしでしょうか?

 

さて今回は前回に引き続き、あったかスープ特集!

今の季節にピッタリな秋の食材をたっぷり使用した

管理栄養士オススメレシピを紹介したいと思います。

 

 

☆雑穀団子のあんかけスープ☆

 

 

<材料>               2人分

・雑穀ごはん             300g

A白ごま             大さじ2

A大葉              2

Aごま油             大さじ1/2

A醤油              小さじ1

A塩               少々

・プロセスチーズ         適量

・大根              100g

・にんじん            1/3

・ごぼう             7cm

沖縄もずくとがごめ昆布スープ    20g

・水               500ml

・水溶き片栗粉          適量

・卵               1

・万能ねぎ            少々

 

<作り方>

①大葉は粗みじん切り、大根とにんじんは千切り、ごぼうはささがき、

   万能ねぎは小口切りにする。チーズは7mm角に切る。

②ボウルに雑穀ごはんとAを入れ、手で潰し混ぜる。

   10等分にし、中にチーズを包んで丸める。

③フライパンに油を熱し、②を転がしながら焼く。

   表面に焼き色がついたら器に盛りつける。

④鍋に大根、にんじん、ごぼう、水、もずくスープを入れ、火にかける。

   沸騰したら弱火にし、野菜が柔らかくなるまで煮る。

⑤一旦火をとめて、④に水溶き片栗粉を加えとろみをつける。

   再び火をつけ、溶き卵を流し入れ、ふわっと固まったら火を止める。

   雑穀団子の上にスープをかけ、最後にねぎをちらしたら出来上がり。

 

Point

雑穀団子と野菜たっぷりで満腹になるスープメニューの提案です。

使用する野菜は冷蔵庫に残っている野菜で大丈夫です。

雑穀ごはんとごまの食感が美味しい食べるスープです。

調理のポイントは、片栗粉の量はお好みで調整して下さい。

また入れる時は少しずつ汁を混ぜながら入れていくとだまにならずにできます。

また片栗粉を入れる場合は必ず火を止めて下さい。

沸騰している状態で加えてもだまになってしまいます。

お好みの野菜を加えてオリジナル食べるスープをお試し下さい♪

 

 

 

☆ほっこり秋のミルクスープ☆

 

 

<材料>        2人分

・かぼちゃ       80g

・しめじ        50g

・ウインナー      3

・押し麦        30g

・コーン缶       50g

・玉ねぎ        1/2

・にんじん       1/3

・水          200ml

・牛乳         200ml

・顆粒コンソメ     小さじ2

・バター        12g

マジックスパイス   少々

 

<作り方>

①かぼちゃ、玉ねぎ、にんじんは1.5cm角に切り、しめじは石突きを取り除き小房に分ける。

   ウインナーは斜め切りにする。

②鍋にバターを溶かし、玉ねぎとウインナーを加えて炒める。

   玉ねぎが透き通ってきたら、にんじん、かぼちゃ、コーン、しめじを加え炒める。

③全体にバターが馴染んだら、押し麦、水、コンソメを加え、

   蓋をし、押し麦が柔らかくなるまで15分ほど煮込む。

④押し麦が柔らかくなったら牛乳を加え、ひと煮立ちさせる。

   最後にマジックスパイスで味を調え、器に盛りつけたら出来上がり。

 

Point

秋の食材をたっぷり入れた具沢山スープの提案です。

崩れたかぼちゃと押し麦によってとろみがつくため、シチューのような食感になります。

また押し麦と野菜がたっぷり入っているため、食物繊維も豊富に摂れるメニューです。

調理のポイントは、押し麦を煮込む時は、火加減に注意して下さい。

強火で煮込んでいると焦げやすくなります。

押し麦が少し固い場合は、煮込む時間を調整して下さい。

その時水分が少なかったら少しだけ足して下さい。

トロッとしてあったまるミルクスープで食卓に秋を届けましょう。

 

 

 

☆きのこと海藻のみぞれスープ☆

 

 

材料>              1人分

・しめじ              20g

・なめこ              20g

沖縄もずくとがごめ昆布スープ   10g

・水                200ml

・小かぶ              1/4

 

 <作り方>

①しめじは石突きをとり、小房に分ける。

 なめこは軽く水洗いする。小かぶは皮を剥いてすりおろす。

②鍋に水を入れ、沸騰したらしめじとなめこを加え、

 火が通ったらもずくスープを加える。

③最後にすりおろしたかぶを入れ、器に盛りつけたら出来上がり。

 

Point

簡単にできる即席スープのアレンジメニューの提案です。

かぶの変わりに大根おろしを加えても美味しく召し上がれます。

またお好みでとろみをつけても大丈夫です。

加える野菜はお好みのものや冷蔵庫に残っているものを使っても大丈夫です。

火の通りやすい具材だと短時間で簡単に作ることが出来るのでオススメです。

食事の1品にいかがでしょうか?

 

 

 

☆押し麦のリゾット風スープ☆

 

 

<材料>            1人分

・押し麦            大さじ3

・かぼちゃ           100g

・玉ねぎ            1/4

・にんじん           1/3

・水              400ml

大地の野菜カレールウ     大さじ2

・牛乳             80ml

・塩・胡椒           少々

・粉チーズ           適量

 

 <作り方>

①玉ねぎとにんじんはみじん切り、かぼちゃは適当な大きさに切り、

 レンジで柔らかくなるまで加熱する。

②鍋に油を熱し、玉ねぎとにんじんを炒める。

 しんなりしてきたら押し麦を加え、2分程軽く炒める。

 水を加え、弱火で15分ほど煮る。

③押し麦が柔らかくなったらかぼちゃを加え、一旦火を止めカレールウを加えて混ぜる。

 再び火をつけ、牛乳を加え2分ほど煮る。

④最後に塩・胡椒で味を調え、器に盛り付け、粉チーズをかけたら出来上がり。

 

Point

野菜と押し麦を使ったおかずスープの提案です。

スープ風のリゾットは、水の分量を調整すればリゾットにもなります。

またかぼちゃはお好みでつぶしても美味しく召し上がれます。

押し麦とたっぷり野菜で食物繊維がたっぷり摂れるメニューです。

調理のポイントは、牛乳は分離しやすいので、必ず弱火で加熱して下さい。

また長い時間加熱するのも分離の原因になるので注意が必要です。

加える野菜を変えていろんなリゾットスープを楽しんでみてはいかがでしょうか?

 

今の季節に食べたくなる具材たっぷりスープは、それだけでも満足感が得られるものばかりです。

たっぷりの野菜とあったかスープで体の調子を整えましょう♪ 

 

水谷友紀

 

 

10/14(金)福井県敦賀港にて今朝獲れたばかりのお魚が入荷しました!

 

 

 

 

 

 

 

鮮度抜群!新鮮なお魚を多数取り揃えております。

 

 

本日の食卓に、ぜひおいしいお魚料理をどうぞ♪

 

 

 

 

 

 

 

なお、店舗によっては入荷状況が異なりますので、詳細は店頭にてご確認の上ご利用下さい。

 

皆様のご来店、お待ちしております!

 

 

10/11(火)福井県敦賀港にて今朝獲れたばかりのお魚が入荷しました!

 

 

 

 

 

 

 

鮮度抜群!新鮮なお魚を多数取り揃えております。

 

 

本日の食卓に、ぜひおいしいお魚料理をどうぞ♪

 

 

 

 

 

 

 

 

なお、店舗によっては入荷状況が異なりますので、詳細は店頭にてご確認の上ご利用下さい。

 

皆様のご来店、お待ちしております!

 

 

 

10/4(火)福井県敦賀港にて今朝獲れたばかりのお魚が入荷しました!

 

 

 

 

 

 

 

 

鮮度抜群!新鮮なお魚を多数取り揃えております。

 

 

本日の食卓に、ぜひおいしいお魚料理をどうぞ♪

 

 

 

 

 

 

 

 

なお、店舗によっては入荷状況が異なりますので、詳細は店頭にてご確認の上ご利用下さい。

 

皆様のご来店、お待ちしております!

 

早いもので今日から10月です。段々気温も落ち着き、

秋らしい過ごしやすい気候になってまいりましたが、いかがお過ごしでしょうか?

朝晩と日中の気温差が時期は体調を崩しやすいので、十分お気をつけください。

 

さて今回はそんな涼しくなった時期に食べたくなる

あったかスープ』にスポットをあてたいと思います!

 

「理想的な食事は一汁三菜」というように、食卓にスープは付き物です。

主に食事の時の水分補給が役目ですが、

スープは具材の栄養素を丸ごと摂取出来る調理法でもあります。

 

ではスープの定義とどんなものなのでしょうか?

 

広義のスープでは「肉・魚・野菜などの具材が味付けされた汁の中に入った料理

として定義されています。

スープの歴史は古く、初めて作られたのは土器文明まで遡ります。

土器の普及により「水と共に食材を煮込んで柔らかくする」

という火を使った調理法が確立されました。

この調理法によって、素材から抽出された旨味を食べるようになり、

スープに繋がっていきました。

 

現在スープは各国様々なものが存在します。

日本の代表的なスープと言えば味噌汁です。

またイタリアの家庭料理ミネストローネやロシアのボルシチ、韓国のサムゲタンや

タイのトムヤムクンなどがあり、各国の特色が反映されたスープが数多くあります。

 

さてスープにはどんな特徴があるのでしょうか?

 

スープの一番の特徴は、栄養素を丸ごと摂取出来るという点です。

スープに使用する食材に含まれる栄養素は、調理の過程で損出してしまうものあります。

たとえば野菜などに多く含まれるビタミンC

ビタミンB群など水溶性ビタミンは、水に溶け出してしまいます。

しかしスープはその溶け出した栄養素まで汁として食べるので、

栄養の損出が少ない調理法とされています。

 

さらに煮込むことで食材が柔らかくなり、栄養素が体内に吸収されやすい形に変化します。

たとえば生だと硬くて食べにくい食材もスープとして調理することで食べやすくなります。

じっくり煮込んだスープには、様々な食材の旨味も溶け出しており、

スープだけでも十分美味しく食べられます。

 

また煮込むことでたっぷりの野菜を摂取することが出来ます。

厚生労働省が定める1日に必要な野菜の量は350です。

しかし意識して野菜を食べないとなかなか食べるのが難しい量でもあります。

 

そこでオススメなのがスープです!

スープは煮込むことで野菜の嵩が減り、たっぷり食べることが出来ます。

また多くの野菜には食物繊維が豊富に含まれています。

野菜たっぷりのスープを食べることで食物繊維をたっぷり摂取でき、

腸内環境を整えデトックスすることが出来ます。

さらに野菜以外にも肉や魚などの具材を

たっぷり使ったスープを食事のメニューに加えることで、

栄養バランスのよいメニューになります。

 

しかしスープを食べる時に塩分摂取量に注意が必要です。

 

ープは汁まで食べるため栄養をそのまま摂取出来ますが、

味付けをした塩分もすべて摂取してしまいます。

味付けをついつい濃くしてしまうと、塩分の摂りすぎになってしまいます。

スープの調理にはベースのダシを効かせて、旨味で減塩をするのがオススメです。

 

また具沢山にしてスープの量を減らすのも有効です。

これから寒くなる季節は温かいスープを飲む機会が増えると思います。

温かいスープは身体の中から温めてくれるため、

冷えた身体を温め体温を上げてくれます。

また消化器官を温めることで、活発に働き消化を助けてくれます

内臓を温めることは、免疫機能を高めることにも繋がるので、

体調を整えるのにも効果的です。

 

では最後に管理栄養士オススメの具材たっぷり健康スープレシピを紹介したいと思います。

 

 

☆ポン酢味のスープ春雨☆

 

 

<材料>       1人分

・春雨         20g

・白菜         1/2

・にんじん       1cm

・椎茸         1

A水          300ml

A中華スープの素    小さじ1

Aおろしにんにく    小さじ1/2

・酒          大さじ1

何でも味付けポン酢  大さじ1

・塩・胡椒       少々

 

<作り方>

①白菜は食べやすい大きさ、にんじんはいちょう切り、椎茸はスライスする。

②鍋にAと①を入れ火にかける。沸騰してきたら酒、ポン酢、春雨を入れる。

③春雨が柔らかくなったら塩・胡椒で味を調えて出来上がり。

 

Point

あっという間に作れる簡単春雨スープの提案です。

ポン酢を使うことでさっぱりとした味に仕上がります。

またポン酢は醤油に比べて塩分が少なく、減塩にも繋がります。

お好みでゆずなどが入った柑橘系のポン酢を使っても美味しく召し上がれます。

調理のポイントは、野菜は煮えやすいように大きさを揃えるのがオススメです。

特ににんじんは分厚いと火が通りにくいので注意して下さい。

手軽に作れる春雨スープは朝食にもオススメです。

 

 

☆千切り野菜のポン酢スープ☆

 

 

<材料>        2人分

・白菜         2

・大根         2cm

・にんじん       1cm

・生姜         1

・スライスベーコン   2

・水          400ml

A中華スープ      大さじ1

A何でも味付けポン酢  小さじ1

・水溶き片栗粉      適量

・万能ねぎ       1

 

<作り方>

①白菜、大根、にんじん、生姜、ベーコンは千切り、万能ねぎは小口切りにする。

②鍋に千切り野菜と水を入れて火にかける。

③全体に火が通ったらAを入れ、沸騰したら一旦火を止め、

水溶き片栗粉を入れて混ぜる。

④再び火をつけ、全体にとろみがついたら火を止める。

⑤器に盛り付け、最後にねぎをちらしたら出来上がり。

 

Point

あっという間に出来上がる体ぽかぽかスープの提案です。

すべての具材が千切りなのですぐ火が通ります。

またとろみの固さを調整すればあんかけにもなります。

温めた豆腐にかけたり、あんかけうどんにしても美味しく召し上がれるのでオススメです。

生姜も一緒に煮込むことでしっかりと風味が効いていますので、

風邪予防などにもオススメのメニューです。

 

これからの季節肌寒く感じる時も増えてきます。

そんな時はあったかスープで心も体も温まりましょう♪

 

 

水谷友紀

PageTop