三河屋プラス

トップページ > アーカイブ: 11月 2016

安心・安全で、健康と美味しさを追求した食品をお値打ちに。三河屋プラス

 

本日の「敦賀港直送・漁港市」は、天候不良のため開催がありません。

 

次回開催をお楽しみに♪

 

11/25(金)福井県敦賀港にて今朝獲れたばかりのお魚が入荷しました!

 

 

 

 

 

鮮度抜群!新鮮なお魚を多数取り揃えております。

 

 

本日の食卓に、ぜひおいしいお魚料理をどうぞ♪

 

 

 

 

 

なお、店舗によっては入荷状況が異なりますので、詳細は店頭にてご確認の上ご利用下さい。

 

皆様のご来店、お待ちしております!

 

 

 

 

 

 

11/22(火)福井県敦賀港にて今朝獲れたばかりのお魚が入荷しました!

 

 

 

 

 

 

鮮度抜群!新鮮なお魚を多数取り揃えております。

 

 

本日の食卓に、ぜひおいしいお魚料理をどうぞ♪

 

 

 

 

 

 

なお、店舗によっては入荷状況が異なりますので、詳細は店頭にてご確認の上ご利用下さい。

 

皆様のご来店、お待ちしております!

 

 

 

 

11/18(金)福井県敦賀港にて今朝獲れたばかりのお魚が入荷しました!

 

 

 

 

 

 

 

鮮度抜群!新鮮なお魚を多数取り揃えております。

 

 

本日の食卓に、ぜひおいしいお魚料理をどうぞ♪

 

 

 

 

 

 

なお、店舗によっては入荷状況が異なりますので、詳細は店頭にてご確認の上ご利用下さい。

 

皆様のご来店、お待ちしております!

 

 

 

 

11/15(火)福井県敦賀港にて今朝獲れたばかりのお魚が入荷しました!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

鮮度抜群!新鮮なお魚を多数取り揃えております。

 

 

本日の食卓に、ぜひおいしいお魚料理をどうぞ♪

 

 

 

 

 

 

 

 

 

なお、店舗によっては入荷状況が異なりますので、詳細は店頭にてご確認の上ご利用下さい。

 

皆様のご来店、お待ちしております!

 

 

11月もあっという間に半分が過ぎ、だんだん空気も冷え込んできました。

皆様体調などは大丈夫でしょうか?

 

さて今回は前回に引き続き、節約メニュー特集!

何かとお金のかかる師走前はなるべく節約したい主婦の方も多いのではないでしょうか?

そんなときに助けになる管理栄養士オススメの簡単節約レシピを紹介したいと思います。

 

 

☆ひきずり☆

 

<材料>       2人分

・鶏もも肉      1枚

・豆腐         1/2

・糸こんにゃく    1袋

・ぶなしめじ      1

・まいたけ      1袋

・エリンギ      1パック

すき焼きのたれ    適量

 

<作り方>

①鶏肉は一口大に切る。

 豆腐は12等分の角切り、糸こんにゃくは食べやすい長さに切る。

 きのこ類は石突きを取り除き、小房に分ける。

②少し深いフライパンを熱し、鶏肉を皮面から焼く。

 両面焼色がついたら一箇所にかため、すべての材料を

 1種類ずつかためて加える。

③すき焼きのたれを加えて全体に火を通す。

④具材に火が通り、味がしみたら器に盛り付けて出来上がり。

 

Point

愛知県の郷土料理「ひきずり」の提案です。

愛知県では鶏肉を使ったすき焼きを「ひきずり」と言います。

すき焼き鍋の上で鶏をひきずるようにして食べたことから

ひきずり」と呼ばれるようになりました。

今回は脂の旨みがあるもも肉と安定価格のきのこを

たっぷり使用した節約メニューです。

調理のポイントは、具材を入れるときに、鶏肉と糸こんにゃくは離れた場所に入れてください。

こんにゃくとお肉を隣同士で入れてしまうとお肉が硬くなってしまいます。

またすき焼きのたれの量は、普段すき焼きで使用している量で大丈夫です。

濃い場合は少し薄めてください。

 

 

 

もやし春雨チャプチェ

 

 

<材料>         4人分

・もやし         1袋 

・春雨          50g

・刻み海苔        少々

Aちょっぴりピリ辛たれ 大さじ4

A水          大さじ5

Aごま油        大さじ1

Aいりごま       大さじ1

 

<作り方>

①もやしはサッと洗い水気をきる。

 春雨は10cmの長さに切る。Aは合わせておく。

②春雨にサッと水をかけ、耐熱皿に春雨を広げ、

 その上にもやしを乗せる。

Aを全体にまんべんなくかけ、ふんわりとラップをし、

 600Wのレンジで5分加熱する。

④ラップをはずし、春雨をほぐしながら混ぜ合わせ、お皿に盛り付ける。

 刻み海苔をトッピングしたら出来上がり。

 

Point

簡単に作れる節約付け合せメニューの提案です!

調理はレンジの加熱のみ!他の料理を作っている間に作れる付け合せメニューです。

調理のポイントは、ラップをかけるときは

なるべく中の具材をつぶさないようにふんわりかけることです

お皿のサイズによっては、ラップを2枚使用してください。

辛いのが苦手な方は、甘口の焼肉のたれを使用しても美味しく作れます。

 

 

鶏肉ときのこの甘辛鍋

 

 

 

<材料>            4人分

・鶏もも肉           2枚

・ぶなしめじ          1袋

・まいたけ           1袋

・卵              1

A煮物・丼物なんでもござれ  160ml

A水             640ml

 

<作り方>

①鶏肉は一口大に切り、きのこ類は石突きを取り除き、

 小房に分ける。

②鍋にAを入れ、中火にかける。

 沸騰してきたら鶏肉を入れ、7分煮る。

③次にきのこ類を入れ、3分煮る。

④最後に卵を加え、蓋をして弱火にし、

 お好みの硬さになったら出来上がり。

 

Point

寒い季節の定番鍋レシピの提案です!

和風だしの効いた甘辛鍋は、鶏肉ときのこで簡単に作れる節約レシピです。

きのこはお好きな種類を使用しても美味しく召し上がれます

最後にうどんを入れるのもオススメです。

鍋つゆの濃さは具材の量で調整してください。

煮詰めると少し濃くなるので、最初は少し薄いかなと感じる程度で大丈夫です。

 

 

☆揚げ出し豆腐 きのこあんかけ☆

 

 

 

<材料>            2人分

・木綿豆腐           1

・片栗粉            適量

・ぶなしめじ          50g

・まいたけ           50g

・エリンギ           50g

・水             400ml

煮物・丼物なんでもござれ  50ml

・水溶き片栗粉         適量

 

<作り方>

①豆腐は軽く水切りし、4等分に切って片栗粉をまぶし、

 フライパンで揚げ焼きにする。

②きのこ類は石突きを取り除き、食べやすい大きさに切る。

③鍋に水を入れ、中火にかける。

 沸騰したら②を加え、2分ゆでる。

④③に煮物・丼物なんでもござれを入れ、全体に火が通ったら

 一旦火を止め、水溶き片栗粉を入れる。

 再び火をつけ、混ぜながらとろみがついたら火を止める。

⑤器に油をきった豆腐を並べ、上から④をかけたら出来上がり。

 

Point

寒い季節にオススメなボリュームある節約メニューの提案です!

揚げ出し豆腐にすることで、淡白な味の豆腐が食べ応えのあるメニューになります。

またきのこのあんかけにすることで、さらにボリュームを出すことが出来ます。

揚げ焼きにする時の油は高さ1cmくらいを目安に入れてください。

またきのこはお好みのものを加えても大丈夫です。

目安は全体で150g程度です。

水溶き片栗粉の量はお好みのあんの硬さになるように入れてください。

 

 

安い食材をうまく利用しながら美味しい節約メニューを作りましょう

 

 

水谷友紀

 

11/11(金)福井県敦賀港にて今朝獲れたばかりのお魚が入荷しました!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

鮮度抜群!新鮮なお魚を多数取り揃えております。

 

 

本日の食卓に、ぜひおいしいお魚料理をどうぞ♪

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

なお、店舗によっては入荷状況が異なりますので、詳細は店頭にてご確認の上ご利用下さい。

 

皆様のご来店、お待ちしております!

 

11月に入り、今年も残すところあと2ヶ月となりました。

皆様いかがお過ごしでしょうか?

 

今年は日中の気温が平年より高かったり、台風、大雨など

異常気象が多く、季節の変わり目に体調を崩す方が多いのではないでしょうか?

 

さて先ほども少し触れましたが、今年は相次ぐ天候不順により野菜が高騰しています。

北海道や東北の台風によるたまねぎやにんじんなどの被害に始まり、

ほうれん草や水菜、小松菜といった葉物野菜、寒くなると食卓に頻繁に登場する

鍋野菜であるねぎや白菜など様々な野菜が高くなり、

頭を悩ませている主婦の方も多いのはないでしょうか?

そんな今回は節約食材と言われる食材にスポットを当てたいと思います!

 

今回特集する食材は「もやし」「豆腐」「鶏肉」「きのこ類」の4種類です。

 

これらの食材は値段が安定している上に、メインのおかずや嵩増し、

副菜などいろんな調理が出来る万能食材です。

まずはこれらの栄養素について紹介していきます。

 

もやし

 

言わずと知れた節約食材もやし。

工場で生産しているため、天候の影響を受けず

価格が安定して安いため、主婦の味方と言われている野菜です。

 

もやしは見た目からあまり栄養がないのではないかと

思われがちですが、実は栄養が豊富に含まれています。

もやしは種子本来に含まれている栄養素に加えて、発芽・成長する過程で

新たに別の栄養素を生成するという特殊な野菜なのです。

 

もやしには骨や歯の形成に必要なカルシウム

体内の余分なナトリウムを排出し血圧や体液の浸透圧を調整しているカリウム

胎児の正常な発育や赤血球の形成を助ける葉酸、

エネルギー代謝に必要不可欠なビタミンB

便秘の予防・改善によい食物繊維、免疫力を高めるビタミンC

スタミナをつけたり疲労回復効果のあるアスパラギン酸が含まれています。

 

もやしに含まれる栄養素は、水に溶けやすいものや

加熱により壊れやすいものが多いため、

洗いや加熱は最低限にするのがオススメです。

洗うときはサッと洗い、ゆでるときは沸騰したお湯で短時間ゆでるのが良いです。

炒めるときも最後に加えて加熱時間を短くするのがポイントです。

さらにレンジを使った加熱や蒸す方法も栄養素の損出を

最小限にすることが出来る方法です。

 

 

豆腐

 

こちらも節約の鉄板食材豆腐。

豆腐はボリュームがあり、嵩増しなどに使うことで

いつものメニューがボリューム満点な満足メニューに変化します。

豆腐の原料は畑のお肉とも言われている大豆です。

豆腐は原材料の大豆の栄養素がほとんど移行した栄養豊富な食材です。

 

まず豆腐に含まれるたんぱく質は消化・吸収のしやすい良質なたんぱく質です。

大豆は消化があまりよくないと言われていますが、豆腐は作る過程で

大豆の組織を十分に壊し吸収しやすい形に加工したもののため、

消化機能が未発達の子供から消化機能が低下している

高齢者や病人にもオススメです。

たんぱく質は皮膚や筋肉などの細胞を作っている他、

体内の酵素やホルモンの材料にもなります。

 

また豆腐に含まれる脂質は不飽和脂肪酸が多く、

中でも体内で合成できない必須脂肪酸である

リノール酸α-リノレン酸が高い比率で含まれています。

豆腐の脂質はコレステロール低下作用や脂質代謝などに

かかわる機能性食品としての一面もあります。

さらにカルシウムビタミンEなどの栄養素も含まれています。

 

 

鶏肉

 

お肉の中でも安いのが鶏肉です。

特にムネ肉は節約食材として有名ですが、手羽元なども節約食材とてオススメです。

鶏肉などの肉類には良質なたんぱく質が豊富に含まれていますが、

牛肉や豚肉に比べ鶏肉は脂肪分が少ないのが特徴です。

また粘膜を健康に保つビタミンAや口内炎や神経性胃炎の予防によいナイアシン

代謝にかかわるビタミンB、強い抗酸化作用があるビタミンEなどが含まれています。

 

肉は部位ごとに含まれる栄養素に違いがあります。

ムネ肉は、含まれるビタミンの中でもナイアシンが特に多く含まれています。

もも肉には体調の維持に欠かせないビタミンBが豊富です。

ささみはほとんど脂肪が含まれておらず、

肉類の中でもトップクラスの高たんぱく低脂質な部位です。

手羽先や手羽元には、血管を丈夫にし皮膚の潤いを保つ

コラーゲンやエステルが多く含まれているほか、

ビタミンAも豊富に含まれています。

栄養の宝庫と言われるレバーには、鉄や銅などのミネラル

ビタミンAやビタミンB2などを含んでいます。

 

ムネ肉やささみなど脂質が少ないお肉は、低温で加熱するのがオススメです。

蒸し鶏などを作るときは、沸騰したお湯に入れ、蓋をし再沸騰したら火を止めて、

そのまま置いておくとゆっくり中まで火が通り、柔らかく仕上がります。

 

 

きのこ類

 

最後はいろんな種類のあるきのこ類。

きのこももやしと同様工場で生産されているため、天候の影響を受けず、

安定的な値段で買うことの出来る食材です。

特にしめじやまいたけ、えのきなどは安く買えるきのこ類です。

きのこ類は味が淡白なためどんなメニューとも相性がよく、

同じきのこでも飽きることなく食べることが出来ます。

 

きのこ類は全体的に食物繊維が豊富に含まれています。

きのこに含まれる食物繊維は水溶性より不溶性のものが多く、

便秘の予防や改善効果が期待されています。

また低カロリーで様々なミネラルも含んでいます。

特に余分なナトリウムを排出し高血圧予防に働くカリウムが多く含まれています。

さらに食物繊維の一部で免疫を高めてくれる

β-グルカンなど様々な栄養成分が含まれています。

 

生ものであるきのこは一度に大量に買っても

悪くなってしましますが、きのこは冷凍保存が可能な野菜です。

それぞれのきのこを使いやすいよう下処理をし、密閉容器か

チャック付のビニール袋などに入れ、冷凍しておきます。

お好みのきのこミックスを作っても便利です。

調理に使うときは冷凍のまま入れても大丈夫です。

 

 

最後に管理栄養士が考案する節約レシピの紹介です♪

 

 

☆もやしときのこの甘辛お揚げ煮☆

 

 

<材料>      4人分

・もやし      1

・ぶなしめじ    1

・豚ミンチ     150

・木綿豆腐     150g

・パン粉      10g

・油揚げ      8

・Aすき焼きのたれ  200ml

・A水        200ml

 

<作り方>

①もやしは沸騰したお湯で10秒ほどゆで、

   ざるにあげて冷まし、細かく切る。

   しめじは石突きをとり、細かく切る。

②ボウルに①、ミンチ、豆腐、パン粉を入れ、

   粘りが出るまでこね混ぜる。

③油揚げの1辺に切れ目を入れ、②をつめたら口を爪楊枝で閉じる。

   これを8個作る。

④フライパンに③を重ならないように並べ、

   合わせておいたAを加え、火にかける。

⑤沸騰したら、弱火にし、落し蓋をして火を通す。

    時々ひっくり返しながら全体に味を染み渡らせる。

⑥十分に火が通ったら器に盛り付け、残った汁をかけたら出来上がり。

 

~Point

節約食材を組み合わせたボリューム満点のおかずメニューです。

材料を混ぜ合わせて詰めるだけなので簡単に作ることが出来ます。

またパン粉を少量加えることで、豆腐の水切りなしで加えられます。

具材もしっかり詰まっているのでボリュームもあり、油揚げに味がしみこむので、

冷めても美味しく召し上がれます。

たくさん作ってお弁当のおかずなどにもいかがでしょうか?

すき焼きのたれ以外にもおでんやお鍋の具としてもオススメです!

 

 

 

☆鶏ムネ肉と豆腐のつくね棒☆

 

 

材料>           8本分

・鶏ムネ肉          1

・木綿豆腐          100g

・A生姜チューブ                4cm

・Aパン粉           大さじ3

・A酒             大さじ3

・Aマヨネーズ         大さじ1

・A片栗粉           大さじ2

・A塩胡椒           少々

・B煮物・丼物なんでもござれ  大さじ2

・B砂糖            大さじ1

・B水             大さじ2

 

<作り方>

①鶏ムネ肉は包丁で細かく刻む。

   豆腐は水切りをし、パン粉は酒に浸しておく。

②ボウルに①と水切りした豆腐、Aを入れ、よく混ぜ合わせる。

③フライパンにゴマ油を熱し、②の形を整えて焼いていく。

④全体に火が通ったら、合わせておいたBを回し入れ、

   つくねにかけながら煮詰める。

⑤たれが好みの硬さになったら、お皿に盛り付け、

   煮詰めたたれをかけたら出来上がり。

 

~Point

甘辛いたれとふんわりとした食感のつくねがたまらないおかずメニューの提案です。

ムネ肉をたたいているので、鶏ミンチを使うよりお得に出来ます。

刻むときはある程度の大きさまでたたけば大丈夫です。

またサイズを小さくすればお弁当のおかずとしてもオススメです。

鶏ムネ肉と豆腐という淡白な味の食材を組み合わせているので、

たれはしっかりとした味がオススメです。

生姜をたっぷり入れても美味しく召し上がれます。

夕食のメインにいかがでしょうか?

 

 

節約食材をうまく活用しながら、美味しくて栄養満点なメニューで食卓を彩りましょう♪

 

水谷友紀

PageTop