三河屋プラス

トップページ > アーカイブ: 4月 2017

安心・安全で、健康と美味しさを追求した食品をお値打ちに。三河屋プラス

4月も半分が過ぎ、春らしい過しやすい陽気なってきました。

皆様いかがお過ごしでしょうか?

 

さて今月は新生活が始まるこの時期に紹介したい

朝食」について特集してきました。

そこで後半の今回は、忙しい朝でもしっかり朝食を食べられる

「簡単朝食レシピ」を特集したいと思います♪

 

 

☆ベーコン&チーズフレンチトースト☆

 

 

<材料>         2人分

A卵           1

A牛乳          100ml

A粒マスタード      小さじ1

Aマジックスパイス    少々

・バゲット        4

・ハーフベーコン     2

・ピザ用チーズ      20g

 

<作り方>

①ボウルにAを入れ、泡だて器でよく混ぜ合わせる。

2cm厚程度に切ったバゲットを①に3分ほど浸す。

③フライパンに油を熱し、中火にかけ、②のバケットを入れる。

    4枚のうち2枚はベーコン、残り2枚はチーズをのせる。

④蓋をして、3分ほど焼き色がつくまで焼いたら、ひっくり返して

   さらに3分ほど焼いたら出来上がり。

 

Point

朝からしっかり食べられる食事系フレンチトーストの提案です。

このフレンチトーストは主食であるパンとベーコンや卵などのたんぱく質、

チーズや牛乳などの脂質を一気に摂ることが出来るメニューです。

さらにバランスの良い朝食にするためには、これにサラダなど

野菜を追加するとバランスの良い朝食の出来上がりです。

調理のポイントはフレンチ液にバゲットを浸すときは、

途中でひっくり返すと均一にフレンチ液が染み込みます。

また焼き時間は様子を見ながら調整してください。

 

 

 

☆たっぷり野菜のスープ煮☆

 

 

<材料>        1人分

・キャベツ       1/8

・玉ねぎ        1/4

・にんじん       1/4

・セロリ        50g

・ブロッコリー     3

・ウインナー      2

・ローリエ       1

・塩          小さじ1/4

・オリーブオイル    大さじ1

・水          150ml

マジックスパイス   少々

 

<作り方>

①キャベツは芯を取り除く。

   玉ねぎはくし切り、にんじんとセロリは拍子切り、

   ブロッコリーは大きい場合は小房に分ける。

   ウインナーは斜め半分に切る。

②耐熱ボウルになるべく重ならないように①を並べ入れ、

   ローリエを真ん中に差し入れ、塩とオリーブオイルをまんべんなくふりかける。

③耐熱ボウルにラップをかけ、600Wの電子レンジで5分加熱する。

   野菜全体に火が通ったら、水を加え、ラップをしたらさらに2分加熱する。

④お皿に盛りつけ、最後にマジックスパイスをふりかけたら出来上がり。

 

Point

レンジだけの調理で作れる簡単レシピの提案です。

この1皿でなんと1日分の野菜が摂取できてしまいます。

野菜をたっぷり摂ることで食物繊維が腸を刺激し、便秘の予防に繋がります。

また加熱してかさが減っているので、生野菜より食べやすいのもオススメポイントです。

水をトマト缶に替えてトマト煮風やカレー粉を入れてインド風にしても美味しく召し上がれます

中に入れる野菜は、冷蔵庫にある野菜を使っても大丈夫です。

ただし火の通りにくい根菜類は小さめに切ってください。

調理のポイントは、最初の加熱で野菜に火が通っていないと旨味不足になってしまうので、

火が通ってない場合は加熱時間を増やしてください。

またこのレシピは大量調理にはむいていないので、2人分程度までが美味しく作れます。

 

 

☆パン入り彩りオムレツ☆

 

 

<材料>        2人分

・バゲット       1

・パプリカ       40g

・ブロッコリー     40g

・コーン缶       15g

・卵          2

マジックスパイス   適量

・ピザ用チーズ     20g

 

<作り方>

①バゲット、パプリカは1cm角程度の大きさに切り、

   ブロッコリーは小さく切る。

   コーン缶は水気をきっておく。

②耐熱容器にバゲット、パプリカ、ブロッコリーを全体に入れ、コーンをふりかける。

③ボウルに卵を割り入れ、マジックスパイスを加えたらよく溶き、②に流しいれる。

   最後にピザ用チーズを全体にちらす。

④あらかじめ温めておいたオーブントースターで卵が固まるまで焼いたら出来上がり。

 

Point

具材を入れたら後は放置で完成するおかずレシピの提案です。

オムレツは朝食の定番のメニューでずが、フライパンで作ると

調理している間火から離れることが出来ませんが、

トースターを使えば、他の準備と平行いてつくることが出来ます。

また焼いたお皿のまま食べられるので、洗い物も減らすことが出来ます。

中に入れる野菜はお好みのもので大丈夫です。

調理のポイントは、トースターで焼いているときに、

表面が焦げそうになったらアルミホイルをかぶせて焼いてください。

 

 

☆ベーコンエッグ餅☆

 

 

<材料>        1人分

・切り餅        1

・ブロッコリー     3

・しめじ        30g

・スライスベーコン   1

・卵          1

マジックスパイス   少々

 

<作り方>

①お餅は半分に切り、フライパンに入れる。

   ブロッコリーは水にくぐらせてからフライパンに入れ、

   蓋をしたら中火で3分加熱する。

②お餅とブロッコリーをひっくり返し、卵を割り入れ、

   石突きを取り除いたしめじと4等分に切ったベーコンも入れる。

③再び蓋をして中火で3分ほど加熱し、卵が半熟になったら、

   マジックスパイスを全体にふりかけて出来上がり。

 

Point~

これ1つでバランスの良いワンプレートが出来上がります。

お餅は体内でゆっくり消化・吸収されるため腹持ちがよい食材です。

さらに卵は完全栄養食材と言われるほど栄養価が高く、

体内で作ることの出来ない必須アミノ酸がすべて含まれています。

また今回はフライパンで調理しましたが、スキレットなどがあれば

調理後そのまま食卓に出すことが出来るので、洗い物を減らすことが出来ます。

スキレットを使用する場合は、焦げ付かないように注意してください。

 

 

忙しい朝でも少しの工夫でしっかりと朝食を食べることが出来ます。

朝食は1日の元気の源なので、まずは食べることを、

次にしっかりバランスよく食べることを心がけましょう!

 

水谷友紀

 

4/14(金)福井県敦賀港にて今朝獲れたばかりのお魚が入荷しました!

 

 

 

 

 

 

鮮度抜群!新鮮なお魚を多数取り揃えております。

 

 

本日の食卓に、ぜひおいしいお魚料理をどうぞ♪

 

 

 

 

 

 

なお、店舗によっては入荷状況が異なりますので、詳細は店頭にてご確認の上ご利用下さい。

 

皆様のご来店、お待ちしております!

 

 

 

 

 

 

 

本日の「敦賀港直送・漁港市」は、天候不良のため開催がありません。

 

次回開催をお楽しみに♪

今日から4月になりだんだんと春らしい暖かな陽気が続いていますが、

皆様いかがお過ごしでしょうか?

桜も見頃を迎え、お花見に出かけられる方も多いと思います。

 

さてこの4月から新生活が始まるという方!

4月は今までのライフスタイルを見直し、新たに目標を立てるのにオススメの時期です。

進学や就職など様々な理由で生活が変わるのが4月です。

そこで今回は、1日を元気に過ごすために大切な朝食について特集したいと思います。

今まで朝食を食べてなかった人も朝食を食べている人も是非ご覧ください♪

 

以前このブログでも取り上げている朝食について。

今回は忙しい朝でもしっかり朝食が食べられる時短活用術について

ピックアップしたいと思います。

朝食の重要な役割については2016.4.1更新の

「新生活応援!毎日朝食を食べて元気に!」をご覧ください。

 

 

朝食時短術その1 前日に下準備をする

 

朝の時間はどうしても限られてしまいます。

出来ることならギリギリまで寝ていたいという方も多いと思います。

そこで朝食の準備を前日にしておくのがオススメです。

調理の中でも食材を切ったりする下処理に

意外と多くの時間がかかっていることがあります。

この部分を時間があるときに済ませることで、

朝短い時間で朝食を準備することが出来ます。

また前日に下準備をすることで自然と朝食のメニューが決まるため、

朝起きてから「何食べよう?」と悩むことがなくなり気持ちにもゆとりが出来ます。

 

さらに時間があるときにまとめて野菜の下処理をし、種類ごとに分けて

冷凍したものを必要な分だけ使う方法もオススメです。

冷凍野菜を活用することで朝食だけでなくお昼や夕食の手間も省くことが出来ます。

たごはんも夕食時に多めに炊いたものを小分けにして冷凍しておけば、

朝温めて食べることが出来、バリエーションが広がります。

 

 

朝食時短術その2 夕食を活用する

 

朝食は朝すべて作らないといけないと思っている方も多いのではないでしょうか。

しかし忙しい朝に、主食からメインのおかず、

サラダやスープなどの副菜をすべてそろえるのはとても大変なことです。

そこで前日の夕食を活用するのがオススメです。

夕食のおかずを朝食用に少しずつ残しておけば、朝は温めるだけでおかずは完成します。

 

またカレーやシチューなど夕食とまったく一緒なメニューに

なってしまうなどのときは、リメイクするのもオススメです。

食パンとチーズを合わせてカレーパンにしたり、カレードリアなど

朝からしっかり食べたい人も満足なメニューにすることも出来ます。

夕食のおかずを活用することで、今までごはんやパンなど単品で

朝食を済ませていた方は是非夕食を活用してみてください。

 

 

朝食活用術その3 電子レンジを活用する

 

電子レンジが家庭に普及し、今では一人暮らしの人でも

電子レンジを持っているという人も多いと思います。

電子レンジはコンロと違って加熱している時に目を離すことが出来ます

コンロで調理をするときは焼きすぎや焦げないようにとそ

の場から動けないことのほうが多いと思います。

しかし電子レンジなら加熱している間に他の調理や洗い物など、

時間を有効的に使うことが出来ます

また冷凍にしていたごはんや夕食の残りを温めるのにも便利です。

さらにオーブントースターも活用するとよりメニューの幅が広がります。

電子レンジもオーブントースターもご家庭のワット数に応じて目安時間は変えるのが大切です。

特にオーブントースターは焦げる場合があるので注意してください。

 

 

朝食活用術その4 洗い物を少なくする

 

下処理と同じぐらい時間がかかるのが片付けの洗い物です。

バランスよくいろんな種類を食べようと思うと、

準備だけでなく食器なども多くなってしまいがちです。

そこで洗い物を少なくすることで朝食全体の時短になります。

まず野菜などの下処理を前日にしておく事で包丁やまな板を使わずに済みます

また加熱などをするときの調理器具をまとめるのもオススメです。

朝食の定番目玉焼きやウインナーなどを、1つのフライパンで同時に調理することで

洗い物も減らせるだけでなく、調理時間も短縮することが出来ます。

さらに盛り付けるお皿も大きいお皿1枚にいろんなものをのせる

ワンプレート方式にすると、いろんな種類のおかずがあっても

お皿を増やすことなく食べることが出来ます。

またワンプレートにすると見た目も華やかになり、気分も上がります。

電子レンジやトースターを使った調理の場合、そのままグラタン皿などの

耐熱食器を使えば洗い物を少なくすることが出来ます。

 

また朝食に必要な小物を1つにまとめておくのもオススメです。

例えばトーストに塗るマーガリンやジャム、

ごはんにかけるふりかけや海苔などを1つにまとめたプレートを作っておくと、

出し入れの手間が省ける上に冷蔵庫などの整頓も出来ます。

 

では最後にオススメ朝食レシピを紹介したいと思います♪

 

 

☆野菜たっぷりストラータ☆

 

 

<材料>      2人分

・食パン      1

・ブロッコリー   4

・ミニトマト    3

・ウインナー    2

・ピザ用チーズ   30g

A卵        1

A牛乳       100ml

・粒マスタード   小さじ1

マジックスパイス 少々

 

<作り方>

①ブロッコリーはラップに包み、600Wの電子レンジで1分加熱し、小さく切る。

   ミニトマトは半分に切り、ウインナーは5mm厚の輪切りにする。

   食パンは2cm角に切る。

②耐熱皿にサラダ油を塗り、食パンを敷き詰める。

   次にブロッコリー、ミニトマト、ウインナーを全体にのせ、

   ピザ用チーズを全体にちらす。

③ボウルにAを混ぜ合わせ、②の全体にいきわたるようにかける。

1000Wのオーブントースターで中まで火が通って固まるまで

   焼いたら出来上がり。(目安5分程度)

 

Point

トースターを使った焼きっぱなしレシピの提案です。

ストラータとはパンや卵、チーズ、ハム、野菜などを重ねて

オーブンで焼くアメリカの料理です。

通常はパンに30分~一晩しっかりと卵液を浸してから焼きますが、

今回はトースターを使って簡単に出来るバージョンを紹介します。

この1皿で主食のパンとたんぱく質である卵や牛乳、

チーズ、そして野菜を食べられる栄養満天なメニューです。

調理のポイントは、使用する耐熱皿の大きさにより加熱時間は

変わってくるので、初めは様子を見ながら加熱してください。

また加熱している時に表面が焦げそうでしたら、アルミホイルをかぶせてください。

違う野菜を使う場合は、火の通りにくい野菜は先に電子レンジで

火を通してから入れてください。

いろんな具材を使ったお気に入りのストラータを見つけてみてください。

 

 

☆彩り野菜のココットホットケーキ☆

 

 

<材料>          14cmのグラタン皿2個分

・玉ねぎ          1/4

・ブロッコリー       3

・マッシュルーム      3

・ミニトマト        4

Aホットケーキミックス   150g

A牛乳           100ml

A卵            1

・オリーブオイル      小さじ2

マジックスパイス     少々

・ピザ用チーズ       20g

 

<作り方>

①玉ねぎは薄切り、ブロッコリーは小さめに切る。

   マッシュルームとミニトマトは半分に切る。

   ボウルにAを混ぜ合わせる。

②グラタン皿にサラダ油を塗り、Aを流し入れる。

③②に玉ねぎをちらし、ブロッコリー、マッシュルーム、

   ミニトマトをまんべんなく置く。

   次にオリーブオイルとマジックスパイスを全体にふりかけ、最後にチーズをちらす。

④余熱しておいた1000Wのオーブントースターで、510分加熱する。

⑤竹串を刺して生地がついてなければ出来上がり。

 

Point

トースターを使って作る食事ホットケーキの提案です。

野菜を入れて焼くホットケーキはフライパンを使わずトースターで作れるので、

焼いている間の時間を有効的に使うことの出来るメニューです。

丸いグラタン皿ではなく、四角い耐熱皿を使用して

1枚の大きなホットケーキにしても大丈夫です。

ご家庭のトースターに入る大きさのものを選んでください。

器の大きさを変えるときは、大体生地の高さが1cmくらいを目安に流しいれてください。

調理のポイントは、野菜を生地の上に置くときは、生地に埋め込むように入れると

焼いて膨らんだときにも落ちることなく焼き上がります。

またお好みでベーコンやウインナーなどを入れても美味しく召し上がれます。

 

 

朝食は1日の元気の源です。

今まで朝食を食べていなかった人はこの機会にまずパンやバナナ

おにぎりなどの単品を食べることから始めてみませんか?

そして今まで朝食は単品だったという人は、少しずつおかずを付け加えてみましょう!

 

水谷友紀

PageTop