三河屋プラス

トップページ > アーカイブ: 15. 11月 2017

安心・安全で、健康と美味しさを追求した食品をお値打ちに。三河屋プラス

11月も半分が過ぎ、冬の気配が感じられてきました。

朝晩の気温が低くなり、段々布団から出るのに時間がかかる季節になって来ました。

 

さて今月は冷え込むこの季節に気になる「風邪予防」について特集してきました。

後半の今回は、そんな風邪予防にオススメな栄養素をたっぷり使った

管理栄養士オススメ「風邪予防レシピ」の特集です!

カラダを温めるあったかレシピや栄養満点おかずレシピなどを紹介します♪

 

☆スタミナ雑炊☆

 

 

<材料>          2人分

・ごはん          260g

・豚バラ肉         150g

・にんにく(すりおろし)  大さじ1/2

・玉ねぎ          1/2

・ぶなしめじ        1/2

Aなんでもつゆ       150ml

A水            300ml

・ごま油          少々

・薬味ねぎ         お好みで

・溶き卵          1個分

 

<作り方>

①豚肉は食べやすい大きさに切る。玉ねぎは薄切り、

 ぶなしめじは石突きを取り除き、小房に分ける。

②鍋にAを入れ、沸騰したら①の具材を加え、火が通るまで煮る。

③火が通ったらにんにくを加えて、よく混ぜ合わせ、次にごはんを加え煮詰める。

④仕上げに溶き卵を全体に流し入れる。卵が固まったら火を止め、

 ごま油をひとまわし加え、小口切りにしたねぎを添えたら出来上がり。

 

Point

カラダを温めてくれる雑炊にスタミナ食材「にんにく」を加えた風邪予防メニューの提案です。

豚肉とにんにくは疲労回復の黄金コンビです。

また雑炊は水に溶けだした栄養まですべて摂ることが出来るメニューなので、

風邪予防や風邪をひいたときにもオススメです。

調理のポイントは、卵を加えるときはグツグツしっかり沸騰させてください。

そうすることで卵が綺麗にとじれます。

また少し半熟風にしたいときは、卵を加えて少し固まってきたら

火を切って、蓋をして余熱で火を通してください。

風邪をひいて食欲がないときは、豚肉・玉ねぎ・しめじを抜き、

にんにくと溶き卵を入れた雑炊にするのがオススメです。

 

 

☆パプリカのポテトグラタン☆

 

 

<材料>           2人分

・じゃがいも         小2

・鶏ムネミンチ        80g

・パプリカ(赤)       2

・顆粒コンソメ        小さじ1

マジックスパイス      少々

・ピザ用チーズ        15g

・貝割れ大根         適量

 

<作り方>

①じゃがいもは綺麗に洗い、芽と皮をむいたらひと口大に切る。

②鍋に切ったじゃがいもを入れ、ひたひたになるくらい水を入れ、火にかける。

 竹串がスーッっと通るくらい柔らかくなったら水を捨て、水気を飛ばしてつぶす。

③フライパンに油を熱し、鶏ミンチを炒める。

 色が変わり始めてきたら顆粒コンソメとマジックスパイスを加えて味付けし、

 火が通ったら②を加える。

④パプリカは上から1/4高さの所を切り、種を取り出し、③を詰める。

 最後にピザ用チーズをのせ、オーブントースターで焼く。

⑤チーズに焼き色がついたら取り出す。器に貝割れ大根を敷き、

 その上に乗せたら出来上がり。

 

Point

野菜がたっぷり食べられるおかずレシピの提案です。

じゃがいもには加熱しても壊れにくいビタミンCが豊富に含まれています。

またパプリカにもピーマンの約2倍のビタミンCが含まれており、

このレシピでたっぷりのビタミンCを摂る事が出来ます。

ビタミンCには免疫力を高める働きや粘膜を正常に保つ働きがあるので、

風邪予防にオススメの栄養素です。

調理のポイントは、器になるパプリカはなるべく底が広い形をしたものを選んでください。

またご家庭のトースターのサイズによっては焼くときに

天井にあたってしまうかもしれないので、注意してください。

 

 

☆かぼちゃときのこのクリームスープ☆

 

 

<材料>         3人分

・かぼちゃ        1/4

・玉ねぎ         1/4

・ぶなしめじ       1/2

・水           200ml

・牛乳          200ml

・バター         15g

・顆粒コンソメ      小さじ1

マジックスパイス    少々

 

<作り方>

①かぼちゃは皮を半分落とし、ひと口大に切る。

 玉ねぎはみじん切り、しめじは石突きを取り除き、23等分に切る。

②熱した鍋にバターを溶かし、玉ねぎがしんなりするまで炒めたら、

 かぼちゃとしめじを加え、炒める。

③鍋に水を加え、沸騰してきたら蓋をし、弱火で15分煮詰める。

④かぼちゃが柔らかくなったら木ベラで粗く潰し、

 コンソメと牛乳を加え、最後にマジックスパイスで味を

 調えたら出来上がり。

 

Point

寒くなるこれからの季節にカラダを温めてくれるスープレシピの提案です。

寒い時期に食べたくなる濃厚なポタージュスープを、

ミキサーなどを使わずに作ることが出来ます。

かぼちゃには粘膜を正常に保つ働きが期待されているビタミンAが豊富に含まれています。

また牛乳には豊富なたんぱく質が含まれており、免疫細胞を作る材料になります。

作ったすぐはさらっとした食感ですが、置いておくとだんだんとろみが出てくるので、

作り置きにもオススメです。

 

 

☆豚肉と小松菜のクリーム煮☆

 

 

<材料>        2人分

・小松菜        1

・豚もも薄切り肉    100g

・ぶなしめじ      1

・玉ねぎ        1/2

・バター        8g

・小麦粉        8g

・牛乳         200ml

・味噌         小さじ1

・顆粒コンソメ     小さじ1

マジックスパイス   少々

 

<作り方>

①小松菜、豚肉は食べやすい大きさに切る。

 しめじは石突きを取り除き、小房に分ける。

 玉ねぎは薄切りにする。

②フライパンにバターを熱し、玉ねぎを炒める。

 しんなりしてきたら豚肉、しめじの順に入れ、炒める。

③小麦粉をふりいれ、よく炒める。

④小松菜を入れてしんなりするまで炒めたら、牛乳を少しずつ入れる。

 全部入れたら味噌とコンソメも入れる。

⑤好みの固さになるまで煮込んだらマジックスパイスを加えて、

 味を調えたら出来上がり。

 

Point

フライパン1枚で簡単に作れる風邪予防レシピの提案です。

小松菜にはβ-カロテンやビタミンCが豊富に含まれており

粘膜の健康を維持するのに効果が期待されています。

またクリーム煮にすることで、牛乳のたんぱく質やカルシウムを摂取することが出来ます。

調理のポイントは、小麦粉を加えた後はよく炒めてください。

このとき炒めが足りないと、ダマになってしまい、粉っぽい食感になってしまいます。

また牛乳を加えた後は沸騰しないように火加減には注意してください。

 

 

風邪予防で大切なのはバランスの良い食事です!

今回紹介したレシピと組み合わせてバランスの良い献立を作るのが理想ですが、

忙しいときなどはなるべく1品でいろんな栄養が摂れるメニューを食べましょう。

この冬は風邪予防を心がけて、元気に過ごしましょう♪

 

 

水谷友紀

PageTop