三河屋プラス

トップページ > 食事でしっかりあったまろう!~冷え対策特集~

安心・安全で、健康と美味しさを追求した食品をお値打ちに。三河屋プラス

12月も半分が過ぎ、2016年もあと少しとなりました。

今年はインフルエンザや胃腸風邪の流行が例年より早くなっています。

忙しくなるこの時期は体調を崩しやすいので、

マスクや手洗いうがいなどでしっかり予防しましょう!

 

さて今月は「冷え対策特集

前回に引き続き、今回も食事からの冷え対策メニューをたっぷり紹介したいと思います。

 

☆生姜きんぴら☆

 

 

<材料>     4人分

・生姜      1/2

・にんじん    1

・大根      1/3

・ごぼう     1/3

Aなんでもつゆ  大さじ3

A醤油      大さじ2

A酒       大さじ1

Aみりん     大さじ1

・ごま油     大さじ1

 

<作り方>

①生姜、にんじん、大根、ごぼうは千切りにする。

  Aは合わせておく。

②熱したフライパンにごま油を入れ、弱火にして生姜を炒める。

③香りがたったら残りの野菜を入れ、中火にし、半透明になるくらいまで炒める。

④③にAを加え、落し蓋をして5分ほど煮る。

⑤野菜がしんなりしてきたら蓋を取り、強火で汁気がなくなるぐらいまで全体を炒める。

   お皿に盛りつけたら出来上がり。

 

Point

生姜がメインのおかずメニューの提案です。

フライパンひとつで作れる簡単なきんぴらは、

おかずの1品にはもちろん、お弁当のおかずにもオススメです。

作り置き可能なので、たっぷり作って小分けにしておくと便利です。

調理のポイントは、生姜とその他の野菜で、

千切りの太さを変えると食感をより楽しむことが出来ます。

また生姜を炒めるときは焦がさないように火加減には注意してください。

 

 

☆豚肉と根菜の蒸しサラダ☆

 

 

<材料>           2人分

・豚しゃぶしゃぶ用      100g

・かぼちゃ          100g

・れんこん          100g

・にんじん          1/2

A生姜            大さじ1

A万能ねり梅         20g

A醤油            大さじ1.5

Aレモン汁          大さじ1

A砂糖            小さじ1

 

<作り方>

①かぼちゃ、れんこん、にんじんは乱切り、生姜はみじん切りにする。

    Aは混ぜ合わせておく。

②耐熱皿にかぼちゃ、れんこん、にんじん、豚肉をのせ、

   ふわっとラップをかぶせ、電子レンジで3分ほど加熱する。

③野菜が柔らかくなったら、全体にAをかけたら出来上がり。

 

Point

レンジで簡単に出来る温野菜サラダの提案です。

生姜と梅が効いたソースは豚肉との相性抜群です。

また蒸し鶏などでも美味しく召し上がれます。

根菜には体を温める効果があると期待されているため、冬の野菜不足にはオススメです

乱切りのサイズに合わせてレンジの加熱時間は調整してください。

たっぷりの根菜でしっかり野菜摂取もしましょう!

 

 

☆鮭と生姜のポテトサラダ☆

 

 

<材料>          4人分

・じゃがいも        中2

・生鮭           1

・玉ねぎ          1/6

・マヨネーズ        大さじ3

・生姜           30g

マジックスパイス     少々

・薬味ねぎ         少々

 

<作り方>

①じゃがいもは皮をむき、一口大に切って茹でる。

 玉ねぎは薄くスライスし、水に晒す。薬味ねぎは小口切りにする。

②鮭にラップをし、レンジで1分ほど加熱する。

 粗熱が取れたら、食べやすい大きさにほぐす。

③じゃがいもが茹で上がったら、余分な水分を捨て、ボウルに写して木べらで荒く潰す。

④③に晒したまねぎ、ほぐした鮭、マヨネーズ、生姜の順に加え、混ぜ合わせる。

⑤味を見ながらマジックスパイスを加え混ぜる。

 お皿に盛り付け、最後に薬味ねぎをトッピングしたら出来上がり。

 

Point

生姜入りの変り種ポテトサラダの提案です。

みじん切りの生姜がたっぷり入っているため、冷え対策にオススメのメニューです。

調理のポイントは、じゃがいもを茹でた時の水分はしっかりきってください。

水分が残っているとじゃがいもがベチャッとなってしまいます。

また玉ねぎの辛みが苦手な場合は、少し加熱してください。

生姜の量はお好みですが、荒めのみじん切りでたっぷり入れるのがオススメです!

 

 

☆生姜入り中華風粥☆

 

 

<材料>      1人分

・ごはん      100g

・薬味ねぎ     適量

・水        300ml

・生姜       1

なんでもつゆ   大さじ3

・ごま油      ひとまわし

・ごま       お好みで

 

<作り方>

①薬味ねぎは小口切り、生姜はすりおろす。

②鍋にごはん、水、生姜、なんでもつゆを入れ、火にかける。

 時々混ぜながら、ごはんが好みの硬さになるまで煮る。

③最後にねぎ、ごま油、ごまを加える。器に盛り付けたら出来上がり。

 

Point

簡単に作れる生姜が効いたお粥の提案です。

簡単に作れるので寒い朝の朝食などにもオススメです。

また胃腸が弱っているときなどにも、食べることが出来ます。

今回はシンプルにねぎだけでしたが、お好みで野菜を

刻んで入れても美味しく作ることが出来ます。

野菜など具材を増やす場合は、なんでもつゆを増やして味を調整してください。

 

 

寒い冬の食事は体を冷やさないことが大切です。

 

温かいスープや温野菜サラダ、お粥などと一緒に

体を温める効果がある生姜や根菜類などを一緒に食べましょう!

しっかり体を温めて冬を元気に過ごしましょう♪

 

水谷友紀

PageTop